5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★☆★☆★☆高分子錯体触媒☆★☆★☆★

1 :錯体化学屋:03/12/21 03:16
有機金属錯体は、触媒として使われて参りました。
野依教授のBINAPとか、チーグラー・ナッタ触媒とかが有名ですね。
しかし、均一系であるために、
@反応後の触媒回収が面倒
A失活しやすい
B反応器を腐食する
などの欠点があったんです。そこで、錯体を高分子化するという試みが
過去に成されたわけです。そうすれば、不均一系になるからね。そこで
高分子錯体に関する、文献や著書や自身がやったことのある合成法など
を誰でもいいから教えたり、語ったりしてくださいm(_ _)m

なお、私が知ってる文献を一つ例としてageておきます。

『C.U.Pittman,J.Polym.Sci.,Part A-1,10,379(1972)』

では、ヨロシク!



2 :あるケミストさん:03/12/22 22:24
2げと

3 :あるケミストさん:04/01/05 11:13
書籍↓をハケーン。でもちと古いかも。

『高分子錯体触媒』

  高分子錯体研究会/平井英史・戸嶋直樹 編
  A5判/280頁/本体価格 5400円
  ISBN 4-7622-5314-6 [82.6刊]


4 :あるケミストさん:04/01/05 14:24
すごい情報ですね・・・

http://www.google.com/search?hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E3%83%90%E3%83%96%E3%83%AB+%E6%9C%80%E5%BC%B7&lr=

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)