5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

おい、日本の製薬会社ってアホばっかり採用してる

1 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/29 14:17
から、ぜんぜんいいクスリができないってほんとうか?

2 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/29 17:15
それはウソ。だって天才のオレが採用されたから。

3 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/29 17:28
>>1よお前は正しかった・・>>2が見を持って証明したよ。

4 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/29 19:35
バブル時代に入った現在30後半のやつらが一番痛い。
これ真実。使えないやつ数限りなし in my labs。

5 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/29 20:05
日本にはアホしかいないから、いつまでたっても不況のままなのでつ

6 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/29 21:55
どこの会社のことだ?

7 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/29 22:06
MR

8 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/29 22:44
へー。大学のポスドクはアホばっかだと思ってたけど、
製薬会社にもいるんだね。
そういう奴等って首切れないの?
どこの製薬会社?具体的な名前をあえて挙げてくれ。
製薬にも色々職種があるよね。
MR?事務?研究?スクリーニング系?

9 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/29 23:22
>4
激しく同意…

10 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/30 08:15
M卒の30代が一番使えない。


11 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/30 13:23
マスター卒でリストラされたらやっぱタクシーの運ちゃんしかないですか?

12 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/30 15:06
>4,10
同意。そのうえで。
M卒で、30台で、しかも会社入ってから論博とったやつら。
こいつらが最悪!
使えないにもかかわらず、権力はあるは、プライドは高いわ。

だが20台のわれわれもあと5年たったら同じことを言われる
だろうとおもうと、宇津出し脳。

13 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/30 15:26
正直、薬学部のM卒は全体的に…。
いや、ちゃんとやるやつもいるけどさ。

14 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/30 18:25
目先のことしか見えてねぇなー。
今クスリが出てないのは10年前に権力持ってたヤツのせいだろ?
クスリが世に出るのに何年かかると思ってんだ。
最近の量産型PhDの方がイタいよ、カスばっか。

15 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/30 22:17
つまり老いも若いもアフォばっか、っつーことか。
製薬という研究自体がプラセボ。

16 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/30 23:34
お前ら年食ったらみんな製薬会社の薬の世話になるくせに、
文句ばっか言うんじゃねぇ!
いい薬もあるんだぞ!

17 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/30 23:36
’      
        ∧_∧
      ( ・∀・ )彡  ♪やっぱりコネが好き♪
     ⊂    つ
       人  Y
      し (_)

18 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/30 23:41
マスター卒の製薬企業研究者って未来あるの?

19 ::02/08/31 00:52
まぁ未来なんて結局自分次第だからな。
マターリしてて未来のあるところを教えて欲しい。

20 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/31 01:32
>>18
論博をとってしまえばあとは「勤続年数の長いほうが偉い」
という日本の会社である限り、未来はそこそこバラ色。
日本では「学位をとってからの研究歴(年数)」という評価を
しないのだ。

21 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/31 14:11
能楽卒はどうですか?

22 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/31 14:45
>>21
一生スクリーニングです。

23 :名無しゲノムのクローンさん:02/08/31 21:46
>21 卒業学部はなんでもいいです。薬博をとる、これサイキョウ。
それもK,H,T大あたりの旧帝大系サイキョウ。一生スクリーニング
でも、そのなかからヒット新薬がでて、その特許の発明者になった
ら怖くない。待っていたらそのうちに研究所長の椅子が廻ってくる。
こつは、ネガティブなことをいいまくって「あやうくドロップアウ
トするところだったのをさも自分の機転で薬のラインにのせた」と
強調すること。これサイキョウ。

24 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/01 14:59
イッショーソルジャー

25 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/01 15:34
>>23
バーチャ

26 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/01 15:58
>>23
なんかうちの会社の研究部門長のことのような気がするが。ひょっとして漏れと
同じ会社か?○○製薬工業のことか?

27 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/04 23:13
そろそろどこがつぶれるか楽しみだな。

28 :weekend:02/09/04 23:27
つまらん。ここもけなし合いか。。。

29 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/05 08:34
いい薬を作れないのは、そこの研究者がDQNだからなのを
日本の製薬会社はきちんと認識しているのか?
アメリカの製薬会社の研究職は、たいていポス毒経験のあるPh.D.だが、
日本の場合はマスターが主だもんな。


30 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/05 08:39
マスター卒が製薬に就職してから
博士号の無い事をコンプレックスにして
大学に出向して論博を取る。
そんな事してるから業績が伸びないのだよ、君たち。

31 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/05 09:28
論破句のやつらって、糞おもしろくもないことやって、
糞レベル低い雑誌に5報も10報も載せて、
それで学位取って、
もう阿呆かと。

32 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/05 09:42
>>28
鬱屈して業績もあげられず、
他人を批難することでしか心の安定を得ることができない、
かわいそうな人たちです。

33 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/05 10:05
日本の製薬会社って着実に外資に飲み込まれるというのが
ほぼ定説になってるみたいね。
それなのに相変わらず日和見状態なのは何故?
大戦末期の大本営発表状態なんだろうか?

34 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/05 10:58
まあ、リストラされてみないと分からないのだろう、自分のアホさ加減が。

35 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/05 13:33
>>29
じゃあアメリカはいい薬作ってんの?
会社の規模に対して、いいクスリができる割合は
日本の方が上のような気がするんだが。

36 :weekend(28):02/09/05 13:35
>32
同意。
同じ研究者なんだし、けなしあっても。。。ねえ。
なんでわざわざ対立するんだ?
2chだからか?
それならわかるけど。
製薬の研究も大事だし、
大学の研究も大事と思うけど。
って、いいひとぶいてもおもんないのかなー。

37 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/05 13:46
Ph.D.も持っていない奴が一丁前の研究者ヅラしてるから困るんだよなあ、日本の製薬業界って所はさ。

38 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/05 14:07
>>33
その定説は、最近ではかなり否定されているよ。情報ソースが
古いんじゃないかな? 日本国内の市場のうまみが大部へった。

39 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/05 14:18
>>38
へえ?そうなの?比較的新しい情報だと思うけど。
じゃあ海外大手を抑えた開発が出来て大口購入の見込める新薬開発が可能なのかな?
特許がバンバン海外に抑えられてる状況じゃあ、とてもそうは思えないんだけどねえ。


40 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/05 14:37
38ではないが。

>>39
よく読め。
国内製薬企業が海外大手に勝てる、ということではなく、もはや国内製薬企業が
海外大手から見て魅力的ではなくなった(=今更日本の会社を飲み込もうとする
外資なんてほとんどない)ということだろ。
つまりそれほどまでに格差が広がってしまった、ということだ。

そもそも、外資が国内製薬企業に望んでいるのは営業力であって開発力ではなかったし。
で、もうMRの頭数もそろってきているんだろ。

41 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/05 14:42
>>40
成る程、海外との合併や吸収ではなくて「放置」という事か。それなら納得&失礼した。
まあ、合併などの芽があるのは武田ぐらいかな?後はじり貧やね。
それでも役員クラスの人間は、自分達の任期まで会社が保てばいいと考えてる様だ。
若い奴がわり食うのは、何処の業界でも一緒やね( ´,_ゝ`)

42 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/05 14:51
じゃ、海外で日本の製薬メーカーが売上を伸ばしてる事実はどう考えるよ。
http://www.work.ne.jp/hm/topics/d/ht_00145.html

43 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/05 16:45
説 明 が つ き ま せ ん

44 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/05 16:56
>>42
見てみたけど、これ国内企業だけの比較じゃん。
日本のメーカーが売り上げを伸ばしていても、海外企業がそれ以上に伸びてたら、
それは市場の成長に日本企業が置いて行かれていることになるのでは。
そのへんはどうなの?

45 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/05 18:18
外資の合併劇のホントの狙いは「大型商品」でしょ。
一発当てたら数百億円なんてかるく逝くから業界が成り立ってる。
で、たとえ大手でもそうそうタネは無い、でも、研究費がかさむ。
だから、いいモン持ってるトコが狙われるんであって、日本とか
海外とかかんけーないんぢゃネーノ。

あと、>>37よ、持っていようがいまいが、デキるやつがえらい
あんたは、持ってるダケみたいね、たぶん・・・。

46 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/05 21:46
>45
ちみは持っていないようだね(ぷっ

47 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/05 21:49
○○修士 ですか・・・(プッ

48 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/05 21:53
最近、Ph.D.を持っていないくせに、
自分はPh.D.よりも仕事ができると勘違いしてる
マスター卒が急増していることが、
日本の製薬会社の業績低迷の原因だと
誰かが言ってたな。

49 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/06 00:06
アメリカの製薬会社に就職する現地のポスドクと
日本の大学のマスター卒を比べたら、
そりゃあその実力には、小川直也と獣神サンダーライガーくらいの差がある。

50 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/06 00:15
とりあえず、製薬のアフォ共は、毎日ネズミちゃんに注射でもしなさいてこった。

51 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/06 01:25
薬を作るってどういう事?
感覚的に行って分子生物の実験→論文 の作業と同じ?
つーか分子生物っていってもいろいろあるが。。。
結局、どういう能力が必要なわけよ?
意味和漢ね−よ。薬作るって。

52 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/06 01:31
あふぉばっかなのに、給料高いよな、製薬は。


53 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/06 01:41
バカだな、おまいら。
薬ってのは効き過ぎると儲からないから、
生かさず殺さず、カネをガッポリむしり取れる程度のを開発するんだよ。
んで、床ずれで瀕死のご老人達にブッスブッス注射して
ガッポガッポ金儲けてウッハウッハなんだよ¥
大袈裟に言えば、9割以上プラセボでもオールOKなんだよ¥

54 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/06 02:05
つーか、みんな薬飲まなくなったら、製薬のやつら、総リストラだな。
おまえら、ちょっと気分悪いくらいで病院行ったり薬局で薬買ったりするな!

55 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/06 02:06
>>51
「薬をつくる」というのはとんでもなく労力のかかる大変な作業だ。
一人二人の規模で行われる分子生物→実験の流れからは想像できないような
15年後くらいに「プロジェクトX」で特集されるような感じ。
基本的な流れはこうだ。
(1)誰か(大学発の時もあれば、経営者の思いつきのこともある)が
これから薬をつくる分野を決める。
(2)ターゲット分子を選択。ターゲット分子のクローニング、タンパク精製。
(3)少量の蛋白質でいかに多数の化合物の、活性(酵素阻害活性や結合活性)を
測定するかの方法を確立→自動化検討
(4)ハイスループットスクリーニング 10-100万検体くらいの独立した化合物をかける
(5)当然ハイスループットスクリーニングにかけるべき化合物のプールは、事前に
準備しておく。購入したり、自分たちで合成したり。それらを維持管理する労力だけでも
膨大である。
(6)1次スクリーニングでのヒット化合物1000-1万検体くらいを、より詳細な
2次スクリーニング、さらに絞って3次スクリーニングを行う
(7)候補出発物質(リード化合物を確定) ここまでがリードジェネレーションと呼ば
れる。


56 :つづきだ。:02/09/06 02:10
(8)リード化合物の誘導体を系統的に合成して、より強力に作用する薬物を合成する。
(9)in vitroのアッセイ系以外に、培養細胞を用いたアッセイ、モデル動物を用いた
アッセイなども用いて、結合定数だけではなく有効濃度の低い化合物を選択。
モデル動物(トランスジェニック)などは2次スクリーニング以降で必要とされる。
(10)有望な候補につき、動物実験による毒性試験、代謝試験など開始。この過程をへて
リード最適化と呼ばれる。
(11)並行して、薬剤の物性試験、安定性試験、代謝試験などがはじめられる。
(12)合成プロセスの見直し、特許対策、工場生産のためのスケールアップなどは
このあたりで本格化する。動物実験、臨床実験に必要な量を供給するため。生産に関する特許取
得なども重要。
(13)前臨床動物実験。副作用のチェックなど。剤型や投与法の決定はまずここで
行われる。
(14)健康な人が対象の第一相臨床試験(フェーズ1)、少数患者に投与する第二
相試験(フェーズ2)、多数患者が対象の第三相試験(フェーズ3)の3段階を順番に実施。
このあたりでは研究所の手を離れて開発部隊と医者の仕事になる。
(15)申請と上市、実際の生産と品質管理

分子生物屋が必要とされるのは、つまり2のステップの前半のみである。生化学屋
ならもう少し活躍できる。バイオインフォや構造生物は1,2,8に間接的に関われるに
すぎない。

57 :つづきだ。:02/09/06 02:18
ということで、製薬会社には分子生物屋はわずかしか必要ないにもかかわ
らず、現状ではどこも結構ありあまっている。しかもキットが発達している
し、人材派遣会社にも腕利きが増えてきたので、専門家を雇う必要性が
急速に薄れつつある。薬剤学や合成化学、解剖学なんかの専門家のほうが
就職が多いのはこういった理由である。
分子生物学のテクニックを生かしたいのであれば、NEBなどの試薬会社のほうが
ハピーである。

58 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/06 05:37
おい、修士卒の研究職、
お前ら、リストラされたらどうするんだ?
薬剤師か?
薬剤師免許持ってない奴はどうするんだ?
熟講師か?
いまどき学位持ってない奴は熟講師も難しいぞ。
タクシーの運ちゃんか、やっぱ?
2種免許取るまでかみさんにパートにでも行かせるか?
どうするよ、修士卒よ?

59 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/06 07:33
プータロー以下のポス毒が憂さをはらす見苦しいスレはココですか?
朝も早よからご苦労さん、徹夜?えらいねぇ〜、データ出た?あ?>>58

60 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/06 09:08
>59
博士号取った方が自分の方が偉いと思いたいんだよ。かわいそうに。
博士号なんて金出して博士課程行けばどんなヴァカも取れるのにね。



61 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/06 10:11
>>60
で、おまえは取ってるのかよ?
その金も無いんじゃねーのか?あ?

62 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/06 10:24
生物板だから当たり前だけど、>>55-57は生物屋さん側の記述だね(もちろん非難
しているわけではないが、当方化学屋なので)。
ただ、全く新しい方法がないとはいえないので、野心的な分子生物屋さんがいろいろ
挑戦してくれるといいなあ、と思っている。

学位でもめている人がいるが、それ以前に薬関係の人はすぐに「グループ」を作り
たがる気はするね。
学位うんぬんよりは、自分をそういう「枠」に入れない人が活躍できると思うけど。
「修士はダメ」とか「博士なんて誰でも取れる」とか言ってないで、まじめに働こう。

63 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/06 11:13
>>61お前、ホームラン級のバカだな・・・久しぶりにワラタよ。
おめぇさんみたいのいるからPhDがカスみたいに言われちゃうんだよ。
免許持ってても事故るヤツいるだろ?
免許の有無なんか意味ねぇよ、狭い世界でしか通用しねぇのに。
実力あるか無いかだろ?あんの?あるんだったらくだらねーこと言わん罠。

64 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/06 11:18
>63
オマエモナー

65 :名無しゲノムのクローンさん :02/09/06 15:03
63は地方駅弁低学歴

66 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/06 16:06
>65くだらねぇこと書いて上げんな、エチブロ飲んで氏ね
わざわざageとか書いてるしバカ丸出しやな


67 :weekend:02/09/06 16:34
見苦しい。。。
同じ研究者、仲良くしましょう。。。よ。

68 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/06 17:50
日本の製薬会社の質の悪さは厚労省に責任あり、特に国立何とか研究所
はその非難を浴びるべきであろう。要は、指導的立場にある者の質が悪いと
指導される者は絶対に成長しないということ。

69 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/06 17:57
厚生労働省は研究開発ということに関しては、いままで何らコントリビュート
してこなかった。

70 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/06 20:40
やっぱり製薬の研究者は、
自分の意見が通らないと
死ね・バカしか言えない低脳ですか。

71 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/06 22:53
修士卒がPh.D.とまともに会話しようなんざ、10年早いんだよ。

72 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 01:05
>>63免許持ってても事故るヤツいるだろ?

博士を免許にたとえるならば・・・・
免許持ってない人が研究しちゃいけないんだぞぉー!

>>63免許の有無なんか意味ねぇよ、狭い世界でしか通用しねぇのに。

世界的にみて、博士を持っていない人が研究者として認められる事はないんだよぉー。
博士持ってないで実験している人はテクニシャン です。
たとえどんなに優れていたとしても、スーパーテクニシャンです。
どんなに頑張ってもリサーチャーではありません。勘違いしては困ります。

まぁ、だからなんだって感じですが。
企業の中だけで考えてたら、利益をもたらせる人が優秀って事で、
肩書きは関係無いと思います。どっちでも良いですよ。
修士卒、博士卒とかで対立して良い事ありました?意味無いですよ。そんなの。

ちなみに私は博士ですが。






73 :weekend:02/09/07 01:08
確かにうんざりする。
お互いに自分で選んだ道なんだし、
自分に自信を持って、お互いを尊重しろよ。

74 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 02:33
自分は博士卒よりも仕事ができる、
博士なんて誰でもとれる、
博士課程にはDQNが行って、優秀なのはマスターで就職する、

なんて考えている修士卒がはびこっている限り、
日本の製薬業界に未来はない。

75 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 10:10
>>74
だって正しいんだもん。
まぁ、中には太刀打ちできないほどできる博士がいることは認めるがな。
その比率は出来ないやつの方が多いよ。残念ながら。
出来ないやつでも博士を取れてしまう、この事実は誰しもが認めるところでしょ?
この問題を取り除かない限り、修士vs博士、製薬vsアカデミックの戦いは終わらない。

それにしても、日本の製薬業界はダメだダメだっていう意見が多いけど、
他国に負けてる気はしないがなぁ。
大型新薬がなかなかでないのは、世界中同じ。出ないから、既存の薬を求めて
合併合併繰り返してるんでしょ?
30年後は恐竜が滅びていてもおかしくないわけだ。


76 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 10:15
>>75
自分を謙虚に見つめようよ。学位のことも、外資のことも。
「博士はダメ」「外資なんて大したことない」つまり「俺 = No. 1 !」的な思想こそが恐竜的だよ。

どうも生命科学に携わる人って肩書きにこだわるね。あとIFとか。アカデミックもコマーシャルも病巣は全く一緒では。

77 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 10:40
Ph.D.をもっていないものがPh.D.について語る資格はない。


78 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 10:44
>出来ないやつでも博士を取れてしまう、この事実は誰しもが認めるところでしょ?

そういうことは取ってから言おうね。
少なくとも、俺の周りで博士号をとった人間は皆必死にやってたけどな。
博士が簡単なんていうのは、修士卒が言いふらしてるだけだろ。

79 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 11:24
>>75
対立軸を作って相手を批判しないと、自己を確立できない、
自信を持てない可哀想な方のようなので、
そっとしておいてあげましょう。

だいたい、誰がそんな事で戦ってるの??戦ってどうするの?

80 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 11:25
駄目、出来ない、出来るの定義はいったい何よ?
議論するのはそれからだ。


81 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 11:28
自分より長く学生やって後から入社したやつが、
高い給料もらったり自分より上の身分になるのが許せないだけなのでは?

82 :bloom:02/09/07 11:28

http://www.leverage.jp/bloom/start/

83 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 11:33
大学でサークルとバイトに明け暮れ
かろうじて大学院に入ったものの、基礎レベルが低いのでつまらないテーマしかもらえない
これじゃ意味がないからと、修士出で就職。
そんなやつにゃ博士課程でどれだけの学べるかなんてわからないんだろう。

ま、学んでも生かせないやつ、お情けで学位を取らせてもらうやつ
MRに実験から論文書きまでやらせて学位取る博士(医学)もいるのは確かだが。


84 :名無しゲノムのクローンさん :02/09/07 13:13
実際、博士ですごいことやれるヒトは多くはないと思う。
みんな頑張ってると思いますけどモ。じゃーなんで製薬は博士卒とらないかという疑問が起こる
製薬会社の人事がなってないから?そんな理由はないんじゃないの?

85 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 13:31
>じゃーなんで製薬は博士卒とらないかという疑問が起こる

博士を採ると、今の給料体系では会社が倒産してしまうからです。
さらに、これまで採用してきたマスター卒の行き場がなくなるからです。

86 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 13:45
ていうか、白紙をどう使っていいのかわからないからでしょ。

役員たちは塗り絵を塗ってくれる人は求めてるが、
デッサンをやる人は、求めるどころかそういう人がいるなんて
発想すらないんだよ。

まあ、白紙(薬学)にデッサンをかけるやつがどれだけいるかは疑問だが。

87 :.:02/09/07 14:39
給料体系を変えてまで、白紙を取りたいと思っていない?
リス虎してまでとりたいと思っていない?

白紙って悲しいね 優秀なひとしか就職できない

88 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 14:53
>>87
あのさ…それ、博士攻撃じゃなくて修士を攻撃してるよ。
よく読み返してみ。

実際のところ、博士をとらないのは製薬企業(あるいは日本企業)の保守性のせいでしょ。年功序列が
崩れることへの忌避というか。善悪はともかくね。
結果はそのうち業績となって現れるんじゃないの。

89 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 14:53
優秀じゃない博士なんて存在価値なし。

90 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 14:56
そもそも優秀じゃない研究者に存在意義があると思っているのか?
博士・修士関係なく、「修士だったら優秀じゃなくても大丈夫」と
思っているやつは負け犬だろ。学位の問題じゃない。

91 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 15:03
修士だったら営業に回し易い罠

92 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 22:24
製薬会社もそうだけど、一般的に日本の生物系の民間研究所は、
Ph.D.はresearch、修士以下はテクニシャンあるいは機械のオペレーター、
という区別が全くできていない。
アメリカでは、もし会社でresearchをやりたいんなら絶対にPh.D.を
もっていないとできないし、テクニシャンで良ければ、学部を卒業したら、
そのあといろんなラボでテクニシャンとして働いて自分のキャリアを積む
ことに専念する。その過程で、やっぱりresearchをしたくなったら、
潔くmedical schoolに進学して、きちっとPh.D.をとる。そして、必ず
民間に就職する前にポスドクをやる。日本の製薬会社の悪いところは、
博士といっても、ほとんどがポスドク未経験者であること。
ポスドクを経験していないものはほんとうのPh.D.とはアメリカでは
認められない。だから、日本では修士と博士のレベルに差があまりない
ようなことが起こる。
日本の制約会社みたいに、修士卒の分際で、実力があれば学位なんか関係ない
なんていうアフォはあめりかでは生み出されない構造になっている。

93 :高卒:02/09/07 23:25
<<92
あなたもPh.D持ってるなら修士卒のアフォに負けないようにがんがってくさい。
日本にいる限りあと10年くらいは無理だろうけど。
まだまだ日本はかわらんよ。

94 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 23:29
>>91
博士でも使えなければ営業に回します。
実際にそんな奴がいます。

95 :92:02/09/07 23:37
日本の修士卒の亜フォにどうやったら負けるのか、どうかんがえても無理だ。

96 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 23:41
>>92 メディカルスクールでPHD?

97 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 23:44
アメリカのシステムを知らないDQN(=96)が一人釣れますた。

98 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 23:46
営業ってのは糞溜めですか?
博士出て、自分の意志で営業を志望して、
知識生かして営業でバンバン稼いで、楽しんでる奴もいるなぁ・・

自分の経歴にプライド持って仕事するのが一番。
プライドと排他的を区別できず、他人を批判しているだけの奴は悲しい。


99 :修士卒:02/09/07 23:46
あんたのガッコの修士卒と一緒にしないでください。

100 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/07 23:53
臭死

101 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 00:03
>>92
確かにそれはアメリカのシステム。けど、日本には定着していない。
日本では、PD=定職に就けなかった研究者のイメージがある。

全ての研究ポストの獲得に競争の原理が働かない限り、
「PD=定職に就けなかった研究者」でしかなく、
92が言うようなアメリカのシステムにはならない。
もしもそうなれば、必然的に修士卒で研究者とかいう
可笑しい事は無くなると思う。

けど、徒弟制度、囲い込みが根強い環境がある限り無理だよね。
だから、修士卒で研究者だと思っている人とは仲良くやっていかないと

社会的にも日本の学歴って大学卒で終わっている気がする。
大学院以上は修士卒、博士卒の区別がつけられない人間が多い。
特に人事を掌握している人たちが。


102 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 00:17
日本の世論のホントのとこ

準学士卒;2年間遊んだ人
学士卒;4年間遊んだ人
修士卒;6年間遊んだ人
博士卒;9年間遊んだ人

アメリカへ留学
学士卒;日本の大学に入れなかった人、アメリカがカッコイイと思っている人
修士卒;会社の金で勉強しに来た人、 日本の会社に馴染めず、身銭を切って一発逆転を狙っている人
博士卒;日本に馴染めず逝っちゃった人、 自分はNo.1だと思っている人

激スレ違い

103 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 00:29
>>102
笑ったが、それほど間違ってないかもな。
修士卒と博士卒で争っているようだが、そもそもそんなこと関係なしに理系の地位が低いことのほうが問題だろうね。
「経営学修士」と「博士(理学)」では世間のイメージがめちゃくちゃ違うような気が。

104 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 00:31
頼むから、バイオ畑ばっかりをつれてくるのはやめろよ!
もういらないよ。誰でも出来るよ。
いいかげん、どこかさがして、糖鎖工学とか脂質化学できるひと雇ってくるくらい考えろよ。


105 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 00:31
結局、PhDとって製薬会社に就職は難しいのでしょうか?

106 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 00:39
phDという国際資格は、日本の方がとりやすい。
3年、普通にしていれば、取れるもん。


107 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 00:47
>106
また終止卒がいい加減なことを言ってる。

108 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 00:57
>>107 普通いかだから苦労した口ですか?(w

109 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 01:33
>108
もしかして、終止もまだとっていないヴぁか学生ですか?

110 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 01:35
共感ですが何か?

111 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 02:00
真夜中に2chやってるヴぁか叫喚ですか?

112 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 02:02
日本の制約会社に入っちゃったら、
修士も博士も関係ないというのは、案外確かかも。
実際、博士だからといって某制約会社では給料があがるわけではありません。

でも、リーダーになる人は博士だし、やっぱり経験のある人が残る。
人の上に立つのは、それなりの修羅場をくぐりぬけた人でしょうし、
そういう人が博士であることは、当然かもしれません。



113 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 02:05
確かに、終止卒でいろんな修羅場をくぐってきている人はほとんどいないわな。
文句を言う奴は多いけど。

114 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 02:06
ツーか、英語もろくに話せないくせして博士ずらするなや。

115 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 02:18
下手でも筆談でもコミュニケーションがとれれば、
それでいいじゃん。
流暢に話せりゃ、カッコいいけどね。
最低限、書ければ紙は雑誌に通ります。
日本では、それで博士OK。


116 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 06:24
>>114
逆に英語科とか国際コミュニケーション科とかはなんだ?
英語だけで中身はなし。
当然、英語力はネイティブ以下じゃん。
外から見れば、何の取り柄のない日本人だよな!
オルタナティブを求められても何も出ない。
114 は、何もないから逝ってよし age

117 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 08:39
英語が話せる博士ですが、何か?

118 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 10:41
見苦しいスレだなぁー・・・。
博士v.s.修士なんて一般論で結論なんて出ないでしょ。
どっちにもバカと賢いヒトがいるんだから。
デキるヤツがエライんでしょ?ぢゃ、デキるって何?ってのは難しいけど。
論文出てない研究室とか、薬出せてない会社は博士も修士も関係なく、
どっちもダメってことでしょうが?結果がすべてぢゃん。

119 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 10:43
>>111
夜中も休日も2chしてるヴぁか共感ですが、何か?

120 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 11:04
修羅場とか言っちゃってるヒトいるケド、例えばどんなん?
リーダーになるのは博士でもいいけどさ、ウマくいかなかったら
博士でも能ナシってことだよねぇ。
もちろん、リーダーになれない修士はそれ以前だろうけど。
タイトルの答えは・・・、「そのようです」ってことで。

121 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 11:17
>119
氏ね。

122 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 11:21
>120
修羅場というのは体験したものだけが理解できるもので、
言葉でもって同じように実感できるような類のものではない。
しいて言えば、修羅場というのは体験した人の顔に現れるものだ。

123 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 12:04
>122修羅場を経験してるヤツとしてないヤツの顔の違いの説明きぼーん。
どーせ公聴会でツメられたとか、学会で答えられなかった程度ちゃうん?
実感したいんじゃなくて、エラそうに言うことなんかと小1時間程(以下略

124 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 12:06
>>121 いやだ。DQN学生いびり倒してやるヒヒヒ

125 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 12:09
>123
修羅場をくぐってきていないものの発想の貧困なこと。

126 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 12:20
>125恥ずかしくて説明できないっスか?聞いちゃってマズかった?ごっめーん。

127 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 12:25
>126
君のコメントが恥ずかしいよ。同じ日本人かと思うと. . .。

128 :fusianasan:02/09/08 12:26
低レベルナ争いだね

129 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 12:28
   ハハハ                             イキデキネーヨ
   ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ハライテ-       ゲラゲラ
.  ( ´∀`) < 修羅場だって!    ∧_∧       〃´⌒ヽ       モウ カンベン
.  ( つ ⊂ )  \_______   (´∀` ,,)、     ( _ ;)        シテクダサイ
   .)  ) )   ○  ∧_∧       ,, へ,, へ⊂),    _(∨ ∨ )_     ∧_∧ ○,
  (__)_) ⊂ ´⌒つ´∀`)つ    (_(__)_丿      し ̄ ̄し     ⊂(´∀`⊂ ⌒ヽつ
          タッテ ラレネーヨ
           ワハハハ


130 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 12:31
>129
日本の製薬会社のレベルはこんなものですね。まさに、ヴぁか修士。

131 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 13:07
敏感に反応するヤシも同じレベル

132 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 13:19
>>125
漏れはIF=50超の薄志だが、修羅場ってなんだ?
よっぽど、骨のない発表しかできないヤシなんだな?
研究や研究発表に修羅場なんてないよ。
自分の理論を実験によって具現化してまだ何も知らないヤシに言い放つ!
これ最高!!
よって、ここに粘着している博士は低脳。
それに踊らされている修士はそれ以下。

要するに、日本の製薬会社はアホな修士を雇う。
このスレをみると自明。

   終  了

133 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 13:29
確かに「修羅場」を自称するのは恥ずかしいが、それを言っているのは>>112-113だけなので、全ての博士がそうだと思われるとやだ。
あと、博士にもなってIFを自慢するやつもな。IFが狭い世界にしか通用しないこととか、ちゃんと知ってるか? >>132のレスもこの部分さえなければ筋の通った意見だったのに。

もうちょっと自分を客観視しようや。博士も修士も関係なしに。

134 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 13:51
IF=50超っていったい何よ?
発表したジャーナルの合計IFのことか?引用回数(TC)か?

135 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 14:33
>>133さんみたいな博士がいるとわかってよかった。
125みたいな修羅バカがいるとまっとうな博士も迷惑してるんですね。
自分で言っといて説明もデキないんだもんなぁ、何くぐってきたんだろ?
教授の股間かな(プ

136 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 15:19
125ではありませんが
学位取るにあたって辛かったこと1度や2度はあるもんじゃないですか?
研究のことや人間関係や金銭的なことなどいろいろ。
そういうのを修羅場って言ってるんじゃないのかな。
マスターみたいにただ修業年限、研究室に顔出してるだけでは学位は取れませんからね。

137 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 15:34
>>136
製薬会社に入った修士も会社の中で博士課程の学生以上に
頑張ってるんだよ。
自己中で社会性のない日本の博士に問題ありだと思わないか?
社会性を持った博士はちゃんと製薬会社も採用する。
会社側も採用したくて修士ばかりを取ってるんじゃないよ。

138 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 16:42
製薬会社の研究員がどういう仕事をしているのかよく知りませんが
何をもって「博士課程の学生以上に」と言ってるのでしょう?
それなりにいい給料もらってるんでしょうから文句言わないでくださいよ。
それと「日本の博士」はすべて自己中で社会性が無いような書き方ですが
いったいどれくらいの博士をご存知でそのように言ってるのでしょうか?

139 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 17:42
いきなりの質問ですいませんが、
日本の大学の博士課程で、博士をとれずに終わる人というのは
どれくらいいるのですか?
みなさんの書き込みを見ていると
なんだか博士号を取ることのできる人、すごい少なそう。。。

140 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 21:03
御心配なく。
日本は博士量産大国。

141 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 22:03
文章読めば、修羅場をくぐってきてるかそうでないかすぐわかる。
とりあえず、131, 132, 135, 137, 140はあふぉだな。


142 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 22:21
修羅場って、今話題のアカハラっていうやつもあるんですか?
研究室でできる事の中から、自分が興味持ったことをやろうと思ったところが、
他の人の研究との競合になったとき、自分の研究が負けちゃって、
結局、その他の人の研究の手伝いをやるハメになっちゃったとかですか?
修羅場ってどういうことなんでしょう。

143 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 22:30
修羅場−血なまぐさい戦乱または勝ち負けを争う激しい闘争の行われる場所。

144 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/08 22:54
>143
きみちょっとオモロイ。

145 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 00:28
博士とるのはそんなに難しいことじゃない。
が、一通りの思考プロセスと、それを助ける実験、そのまとめ、
さらに発表とそれに対する客観的かつ論理的な批判を受ける。

修士出でも同様のことをしているつもりかもしれないが、
博士で行うものは、修士までに経験するものよりもはるかに自己責任割合が高い。

もちろん、このプロセスの経験は1度や2度のことでしかないから博士号をとるだけでは
スタートラインにたっただけのことだけれど、
いってみればトレーニングを積んで初めて試合に出させてもらえるようなもの。
修士だけでは、紅白試合程度はさせてもらえるかも知らんが、
本当の試合には出せてもらえない。そのくらいのレベルの差はあると思っていいと思う。

もちろん、才能のあるやつは下積みをあまりしなくてもいきなり試合に出られるんだが、
そんな天才的なやつは、一握りもいないはずだ。

146 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 00:44
すみません、修士と博士で差があるのは分かりましたが、
博士過程3年行った人と修士とって製薬会社で3年働いた人とでは
前者の方の力量が上なんですか?
もちろん、一般論では言えないだろうけど、これまでのスレの流れを見ると
前者が一方的に上のような印象を受けます。
製薬会社に修士で入ると、「修羅場」って経験しないもんなんですか?

147 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 00:55
今では大手製薬、特に上位では中途で学位持ちをバンバン採用してる。
某国内トップでは中途(博士)が新卒(修士、博士)と半々の割合に迫る勢い。
ポスドクやってる人、少しは民間に目を向けるのもいいんでは?

148 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 01:02
>>146
何の力量?

製薬会社と一言で言ってもさまざまだからな。ほんとにテクニシャンみたい
に修士卒を扱うところなら、課程博士みたいな苦労はしないだろうが
中堅なら修士卒が主戦力だろ?(違ってたらスマソ)
戦力として期待され責任と重圧を克服して結果を出し、それをアピール
し如何に評価してもらうか、というプロセスが存在するかどうか。
会社にいるか大学にいるかではなく、そこが問題だよ。

149 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 01:23
どうでもいいけど、学位持ってない奴をアメリカに留学させんなよ。
大金持参させて、いいかもだぜ。
馬鹿にされんのは、こっちでまじめにやっているポスドクなんだからな。
全く、ボケ製薬会社め。

150 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 01:25
>>149
しかし、万有とかでもやってるで。
半分外資やろうに。

151 :132:02/09/09 01:45
>>133
そこに目がいくように書いた。
論文を書くときも同様に平易な文章でコンパクトにまとめる。
ただ1つだけ余計に目に付く項目を入れる。
レフリーが思惑通り「ここをとれ」って行って来る。
マイナーなリーバイスだけで通る。
参考にならないと思うが、悲しいかなこれが交渉術だ。

152 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 01:50
>>151
いや、だからそれを2chでやってどうすんの。きみは「終了」させたかったのではないのか。目的と手段が乖離している。

後付けの理屈なんちゃうんか、と小一時間(以下略)

153 :132:02/09/09 01:56
>>152
漏れは、みんなが察するとおりアフォな薄志だ。

 自 爆

154 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 02:30
132の書いた論文は、
figureの段階であぼーんされるので、
132の作戦は日に油を注ぐことになりましたとさ。

155 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 07:36
>>149まじめにやってまだポス毒かよ。
学位無かったら金持って行くの当たり前だろが。
その金を使える身分に早よなれや。
馬鹿にされてる理由が違うんじゃないの?

156 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 08:04
企業留学者のせいで、
こちらの教授の中には、
日本人には給料を払わなくもいい、
しかも、研究費をもってくるし、
ベンチ代まで払ってくれる、
で、金のかからない適当なテーマ与えておけば、
結果が出なくても1、2年でみんな戻ってくれる、
もう最高!

と考えるのが増えてるんだよ。
まったく、いい迷惑だ。

157 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 08:37
なるほどね。
でも、スキルも業績も金も無いのに海外に来るポスドクに
教授どもは迷惑してるってことはないの?
見るべきメリットが無いんだったらネギしょってくるやつの
方がいいわな、金持ってくるってのも資質では?

158 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 09:19
157のようなスキルも業績も金も無い奴はポスドクには採用されません。
私のようにスキルと業績があれば、金はなくても採用されます。悪しからず。

159 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 09:22
>>158
私もそう思う。

160 :132:02/09/09 09:45
>>158
禿同


161 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 09:51
そ。つうか、ポスドクなんかに普通なりたくないけどね。
>>158-160ってことみたいだから、156みたいな文句は言うなってことで。

162 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 09:56
そ。つうか、マスター卒で毎日マウスに注射する奴なんかに普通なりたくないけどね。

163 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 10:13
>>156
あんたが一色他にされる程度の実力しか持ってないからでしょ。
実力あるやつぁ、状況と無関係に別の目で見てもらえるよ。

164 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 10:43
いいから、マスターごときで留学しに来るなっつーの。

165 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 11:44
そそ。次の職が無くってブルブルふるえてるポス毒さんの迷惑かけちゃダメだよ。

166 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 11:49
しょうがねえ、製薬でもいってマスター出でもこきつかうか?

167 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 12:03
>>158さんの様にスキルと業績があってもポスドクにしかなれないのですか?
こわい世界だなー、研究好きだけど考え直そうかな・・・(by B4)

168 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 12:08
みんな教授になる前はポスドクだよ。

169 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 12:11
>167
スキルと業績があれば、2,3年のポスドクの後に
助手、講師、助教授、教授と上がっていくわけね。
で、スキルも業績もないのは、ポスドクにもなれなくて、
中には学位も取れなくて、マスターをお情けで出て、
あとはショボイ日本の製薬会社で毎日マウスに注射することになるんだよ。


170 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 13:19
>169さん、ありがとうございます。
うちのラボの海外帰りのポスドクさんがしょぼいので不安だったのです。
簡単にポジションが得られないって。
169さんなんて帰ってくるの楽しみですね(あれ?帰らない方がすごいのかな?)

171 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 14:25
「修士」と一口に言ってもいろんなやつがいて、
「博士」と一口に言ってもいろんなやつがいて、
「ポスドク」にもいろんなやつがいる。

このスレにはその辺がわからずに議論しているやつもいるので、
惑わされないようにな。俺は博士だけど、尊敬に値する修士にも
大勢会ってきたよ。

172 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 14:34
でも、ここにいる博士はあまり尊敬に値しない方が多いようですが。


173 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 14:39
171は尊敬に値しない博士です。

174 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 15:25
>>169
でもそのショボイ日本の製薬会社でショボイ仕事していても、
給料も福利厚生もエリートと思われている学位持ちPDよりいいし、
安定もしているし社会的信用もあるというのが、この国の病理だよね。
車のローンや、マンションを契約するときの保証人や、クレジット
カードのときに、どれほどの屈辱を味わうことか?そして、その屈辱に
ひきあうだけの、仕事における充実感があるだろうか?
ほとんどPIにちかいPDもいれば、量産型PhD転じてソルジャーPDも
いっぱいいる。PDを続けるという選択自体が、大いなる自己満足である
可能性も否定できないよね。夢やロマンを語るだけじゃ、喰って
いけないし、嫁さん子どもも養えない。

175 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 15:26
それをいうなら、そもそも2chに来ているような修士も尊敬には値しないよな。
博士はそれ以上に。ポスドクは論外。

176 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 15:35
別に他人の尊敬なんていらんのよ。給料もらえて、家のローンが組めれば。40過ぎて賃貸暮らしでポスト期限付きつうのは正直きついぞ。

177 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 16:38
いくら関係者の尊敬を得られても、

歩 巣 毒 は 所 詮 ぷ ぅ



178 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 20:26
> エリートと思われている学位持ちPD
ここに間違いがあります。


179 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 22:48
いいの。職があろうが定年になろうが、
博士は一生「○○博士」なの。
修士は一生「○○さん」なの。

180 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/09 22:56
博士って呼ばれたこと一度もないなあ・・・




親にはバカセと呼ばれるし(鬱

181 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/10 00:14
小学生のころ「昆虫博士」とよばれてますた!

182 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/10 01:16
製薬社員の人生の愉しみって何ですか?


183 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/10 02:49
よくぞ聞いてくれたな>>182 !!
元製薬会社勤務の俺が教えてやる。
オイ、そこ!うるせーぞ。俺がいまから製薬社員の愉しみについて
語ろうとしてるのに私語してるんじゃねーよ。
よし黙ったか。じゃ、言うぞ!










昼休みの卓球。

184 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/10 02:57
( ´,_ゝ`) プッ
ぴんぽんですか。

185 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/10 04:25
やっぱり、学位取ろう. . .

186 :心配ですよ。:02/09/10 05:52
なんか、アメリカに来てエラソーなこと言ってるポスドクがいるな。
アメリカ人は普通に大学出て、あんたらが進んできたように普通にアメリカにいるんだ。
なんだか苦労してるようなことを言ってるようだが、
無理してアメリカまでたどりついて、
自分のスキルとキャラに合ったことができてないんじゃないか?

修士卒ふぜいに、同じ土俵にたったかのような顔をされるのがムカツクのかもしれんが、
今のポストで満足いく環境を作れていれば、他人のことを
色々非難する気もおこらんもんだと思うが、
大丈夫なのか? ノイローゼにならんと、リラックスしてがんばろーぜ。

187 :心配ですよ。:02/09/10 05:57
>>174
細かいとこでわるいけど、3行目、病理じゃなくて病巣だよ。
病理といいたいなら、なぜそういうやつらに信用が集まっているのかを
言うべきだと思うよ。

>>175
見渡すと結構海外にいるのが多そうだけど、
せめて2chの中だけでも日本語を、、、という悲しいような気持ちで
来てる人っていない?

188 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/10 07:55
>>186
オマエも頑張れよ。

>>187
見渡すと結構海外にいるのが多そうだけど、
せめて2chの中だけでも日本語を、、、という悲しいような気持ちで
来てる人っていない?

オマエもか?

189 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/10 09:11
製薬業界はなんかつまんなそうだね。
漏れはいかないYO。

190 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/10 09:41
これからは健康食品機能性食品業界が熱いよ。
あと生物学の知識が活かせる職種ってそれくらいしか残ってないのよ。

191 :186=187:02/09/11 02:26
>>188
まぁ、海外来て日本語話せなくて、寂しくなってる奴なんてザラにいるだろうけど、
お互い、まったりがんばりましょー。


192 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 09:10
やっぱり、大学の同期や後輩が製薬に就職して
給料貰いながらマッタリ働いてるのを見ると
嫉妬するもんですか?

193 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 10:38
>192

日本でポス毒していたら嫉妬するかもしれないけど、
外国でポス毒しているから嫉妬しないな。
世界最高の研究環境で世界最高の教授陣、
世界中から集まった優秀なポス毒、学生、テクニシャンと
毎日刺激的な会話ができるし、
行きたい時にいつでもイチローやノモやシンジョーを見に行けるし、
世界各国の料理を大学周辺のレストランで安いお金で食べれるし、
気に入ったら、ラボにいるそこの出身者にレシピを教えてもらって自分で作ったり、
早朝のDowntownをジョギングしたり、
$200くらいで週末にひとっ飛びでNYやLAやChicagoに行って遊んできたり、
外人の友人とロッキーやシエラネバダでスキーしたり、

製薬でまったりとやってる彼等がいくら金を持っていても体験できない
ことを経験できるからね。

194 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 11:38
>193
後半が研究と関係ないことばっかりなのが笑える。
いや、煽っているわけではないんだが。

195 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 12:42
研究と関係ないことも人生には重要なのでは?

196 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 12:47
だよね。なんか虚勢張ってるみたいで哀愁を感じさせる。

197 :在米5年目:02/09/11 12:52
>193

私の経験上、こういうことは
海外で生活したことがない人間にいくら言っても伝わらないと思われ。
でも、私には良くわかるよ。


198 :どめすてぃっくなPh.D:02/09/11 13:21
>>193
興味なし

199 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 13:27
虚勢?

200 :在米5年目:02/09/11 13:28
本物を見たことない奴にはわからんのだよ。
本物のすごさがさ。

201 :どめすてぃっくなPh.D:02/09/11 13:37
>>200
田舎臭い発言ですね。田舎者が東京に憧れるのと同じだね。
ちょっと、渋谷をかじりたての茨城のコギャルみたいだのぉ〜おぬし。
所詮、おいらは極東地区の田舎者ですが、なにか?

202 :在米5年目:02/09/11 13:50
渋谷を5年間もかじったら立派な渋谷人じゃないの?
1週間遊びに来る旅行者とは違うのよ。5年間こっちで
生活しているの。わかる?まあ、わからんだろうけど。

203 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 13:50
>193無理すんな 。・゚・(ノД`)・゚・。


204 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 13:52
日本から出たことない奴ってほんとどうしようもないな。

205 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 14:18
いつかはきっと誰かが日本に呼び戻してくれる、という甘い期待があればこそ、
週末のプチリゾートも楽しめるというものさ。
グリーンカードをとるつもりがないのなら、いくらテクがあろうが頭がよかろうが
海外ポスドクは彼らにとっての「外国人労働者」。一度大病を経験したり、犯罪や
訴訟に巻き込まれたら、そうした虚勢も一片で消し飛ぶよ。
ところで最近米国では「なぜ米国が世界から嫌われるか」を必死になって議論している
けれども、>>193みたいな奴の存在が米国の評判をおとしているような気がしてならないのは俺だけか?

206 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 14:23
>最近米国では「なぜ米国が世界から嫌われるか」を必死になって議論している
けれども

誰もそんなこと議論してねえよ、ヴァか。
日本のマスコミ=世界の流れ、と勘違いしてるあふぉ日本人の典型だな。

207 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 14:23
今日、何か起こるんですか?
アメリカは。
もしかしてすでに起こってる?

208 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 14:27
>205

日本で必死に想像力を働かして考えたんだろうけど、
在米経験がないのが見て取るようにわかるんだよ。
哀しいくらい。だからもう止めて。苦しすぎる。

209 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 14:49
アメリカで2年しか暮らさなかったから5年も暮らしてるヤツの気持ちはわかりません。

210 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 14:50
ちなみに帰りたくて帰ったんじゃなくて、ポジション用意されて
是非来てくれといわれたから帰国したのです。

211 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 14:57
2年なんて旅行と一緒。居たうちに入らん。
3年目からアメリカのいろんな部分が見えてくるものだ。

212 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 15:09
3年とちょっと米国にいましたが、home sickがひどく帰りました(泣



213 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 19:16
>>208
そこまでいうなら、日本にかえってくるな、ヴォケ。
ついでに、自分のPCから日本語フォントも削除して、英語の掲示板で遊んでろ。
日本のサイトにえらそうに書きこみするな、このオナニー野郎が。
いくら在米経験が長かろうが、

歩 巣 毒 は 所 詮 ぷ ぅ

214 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 22:31
在米歴の年数を競うのはちょっとどうかと思うぞ。なんか自信がない
ように見える。
個人の性格なんかもあるから、>>193をうらやましいと思わない人が
いるのは当然だと思うのだが。

正直、>>193は「おのぼりさん」ぽい書き込みだなあ、とは思ったけどね。コピペのテンプレートにされそうだ、と。

「言っておくけど俺はイケテル男だよ。」のAA
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/kao/1030463805/271
みたいな感じ。

215 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 22:49
で、日本の製薬はやっぱあふぉばっかですか?

216 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 23:04
       193
       ↓
    / ̄ ̄ ̄ ̄\      日本でポス毒していたら嫉妬するかもしれないけど、
   (  人____)     外国でポス毒しているから嫉妬しないな。
    |ミ/  ー◎-◎-)    世界最高の研究環境で世界最高の教授陣、
   (6     (_ _) )    世界中から集まった優秀なポス毒、学生、テクニシャンと
  _| ∴ ノ  3 ノ    毎日刺激的な会話ができるし、
 (__/\_____ノ     行きたい時にいつでもイチローやノモやシンジョーを見に行けるし、
 / (   ||      ||     世界各国の料理を大学周辺のレストランで安いお金で食べれるし、
[]__| |ラブひな ヽ    気に入ったら、ラボにいるそこの出身者にレシピを教えてもらって自分で作ったり、
|[] |__|__ ___)   早朝のDowntownをジョギングしたり、
 \_(__)三三三[□]三)   $200くらいで週末にひとっ飛びでNYやLAやChicagoに行って遊んできたり、
  /(_)\::::::::::::::::::::::::::|   外人の友人とロッキーやシエラネバダでスキーしたり、
 |よどばし|::::::::/::::::::/    
 (_____):::::/::::::::/     製薬でまったりとやってる彼等がいくら金を持っていても体験できない
     (___[]_[]    ことを経験できるからね。


行数がぴったり同じだった。わざと?

217 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 23:08
>216
ご苦労さん。

218 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/11 23:17
216=193

219 :?C?m?2:02/09/11 23:52
>>215
2ちゃんでののしりあうようなアフォは製薬にはいないとおもわれ。

220 :ε:02/09/12 00:00
つーか、世界各国の料理って、東京で食ったほうがうまいだろ?
イチローやシンジョーとか別にナマで見たいとも思わんし
世界中から集まった優秀な*研究者*とは年に数回刺激的な会話してるし、
NYやLAやChicagoに行きたいとも思わないけど出張でいくし
それ以外の海外も行きまくりだし、あとはなにを求めなきゃならんの?


221 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 00:41
>>220
飛行機を乗っ取ってビルに突っ込むこと。


222 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 00:43
・・・一生に一度の賭けだな。

223 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 00:45
ディズニーよりスリリングだ。

224 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 01:05
>220

だから旅行と住むのは全然違うって言ってるのがわからんのか?
長期間住むことで得られる無形の財産と比べたら、
旅行で得られるものは、世界不思議発見をTVで見てるのと大して変わらんのだよ。
でも、何度でも言うよ、
日本から出たことないやつにはいくら言ってもわからん。

225 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 01:11
5年住まなきゃならんのか?
うまいものをうまいといって何が悪いんだ?
おめえさんは何がいいてぇんだ?
長居して、すめば都の心境になれたっていいたいのか?

226 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 01:12
>年に数回

プッ、オレは毎日してるよ(w

227 :結論:02/09/12 01:17
皆さん、いいですか、すでに結論は出ています。
1。博士>修士
2。海外製薬企業>日本の製薬企業
3。海外ポス毒>国内ポス毒
これが現実です。
みなさん、現実を直視しましょう。
現実を直視することから人間は前進するのです。

228 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 01:19
ポスドクと、か?(w

229 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 01:19
ヽ/
   ./ ̄ ̄ ̄\
.  ./   ,,ィ ハ ヽ                            
   {. _,メ lノ/)人}.    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (l「 ●l⌒l●' |!)  < いまなら厨房がなんと3万円。
r:、  ヽ._.l_l_ /   ,n \_____送料はジャパネットが負担します
ヽ.`-'7.\゙''ー''゙/ ,「゙-'ノ
.  ゙ヽヽイ ̄ ̄`ト、/ /
   ` ´|    .|゙ -'
     
じゃあ、>224 は、日本(とくに東京近辺)で大流行のこれがわかんないんだろうね。
あんまし、しってても意味ありませんがなにか?

230 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 01:21
>228

日本の大学院生よりまし。

231 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 01:22
>世界最高の研究環境で世界最高の教授陣、
>世界中から集まった優秀なポス毒、学生、テクニシャンと
>毎日刺激的な会話ができるし、

ぷぷぷ。会話、楽しそうだよね、片言の日本語英語で。(w

232 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 01:23
>231

年に数回片言の日本語英語でか?(w

233 :結論:02/09/12 01:24
1。博士>修士
2。海外製薬企業>日本の製薬企業
3。海外ポス毒>国内ポス毒

234 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 01:24
世界最高の研究環境ってどんなかなあ?
世界最高の、教授「陣」?? おまえundergradか??(w


235 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 01:25
うん。年数回、カタコトの日本語英語でノーベル賞受賞者とね。

236 :チチキトクスグカエレ:02/09/12 01:28
>>220の母「父さんが大変なことに・・・早く帰ってらっしね。」

悪いこたいわん、両親の居るところが一番だよ。
お母さんが心配してるよ。

結局 >>220 は・・・。



237 :220:02/09/12 01:30
なに?


238 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 01:31
おまい、undergradだろ?

239 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 01:31
オレのボスはノーベル賞受賞者だが何か?

240 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 01:33
俺もだよ。で?

241 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 01:35
  | 俺の立てたスレなんだ!!!
  | age続けるんだ!!!
  | 名スレにするんだ!!!
  | きっと職人さんも来てくれる!!!
  \___________ ____
                       ∨  カタカタ____ ___
                  ∧_∧   ||\   .\  |◎ |
                  (.#`Д´)  ||  | ̄ ̄|  |:[].|
           ∧_∧ . ┌(   つ/ ̄l| / ̄ ̄/ ..| =|
   ∧_∧   ( TДT) |└ ヽ |二二二」二二二二二二二二」
  ( TДT)  (  つつ   ̄]||__)   | ||       | ||
  (つ  つ  /  / /  ./ ̄\  / ||       / ||
  と_)_)  (___)__)  ◎    ◎ .[___||     .[___||
            ∧
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   | >>220よ、もういいんだ・・・・・・・
   | 本当に良く頑張った・・・もう充分じゃないか・・・
   | 楽になっていいんだ・・・
   | 忘れるんだ・・・何事もなかったように・・・・・・




242 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 01:36
お、おれかい(w

243 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 01:37
>>220
220 のボスはノーベル賞もらた。
220はこのスレで、何をもらうか?




244 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 01:41
        まもなくここは 乂220はこのスレで、何をもらうか? スレ乂 となります

      \∧_ヘ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,、,、,,, / \ ☆ノゝ∩ < 2ゲットの次は1000取りだー       ,,、,、,,,
    /三√ ゚Д゚) /   \____________  ,,、,、,,,
     /三/| ゚U゚|\      ,,、,、,,,                       ,,、,、,,,
 ,,、,、,,, U (:::::::::::)  ,,、,、,,,         \早っーーーーーーーーー!!/
      //三/|三|\     ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ∪  ∪       (   ;)    (   ; )   (    )    )
 ,,、,、,,,       ,,、,、,,,  ∧_∧∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧ ∧_∧
      ,,、,、,,,       (    )    (    )    (   ;)    ..(   ;)


245 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 01:41
ちうか、おまい、在米5年のundergradだろ?

246 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 01:56
>>244
お涙。

247 :結論:02/09/12 02:09
1。博士>修士
2。海外製薬企業>日本の製薬企業
3。海外ポス毒>国内ポス毒
4。海外ポス毒>国内大学助手・講師(期限付き)
5。日本の製薬サラリーマン(終身雇用)>>海外ポスドク
6。日本の製薬サラリーマン(終身雇用)>>国内大学助手・講師(期限付き)
7。日本の製薬サラリーマン(終身雇用)≒国内大学助手・講師(終身雇用)

ということで最強は
修士卒で製薬→会社の金で留学、海外でちょっとだけ論文をかく→国内で論博 だ。

248 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 02:12
>>247
じゃ、神はだれよ?



249 :結論:02/09/12 03:47
終身雇用と思っている日本の製薬サラリーマン->5年後に会社合併でリストラ

250 :結語:02/09/12 04:10
>>247
終身雇用と思っている日本の大学助手・講師-> 5年後に独立行政法人化で人員整理


251 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 04:10
>>248
神は教授のみ。

252 :結論:02/09/12 04:57
海外ポス毒->ネイティブと結婚->永住権取得

253 :conclusion:02/09/12 06:41
Researchers working in both academic and pharmaceutical companies
in Japan are a loser.

254 : :02/09/12 07:11
>>253
いかにもっていう日本人英語だね。

255 :supplemental data:02/09/12 07:24
254 is a loser

256 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 08:59
あのさ、海外ポスドクがみんな「アメリカで研究してるボクってなんて
すごいんだろう」と思っていると思われると迷惑なんすけど。
そんなこと思ってるのは一部の負け犬(日本<<<アメリカと思い込んで
いるやつ)だけだって。
もちろん得るものも多々あるけど、それを「アメリカだからこそ」だと
は思わないよ。

257 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 09:08
256 is a loser, too.

258 :256:02/09/12 09:14
>>257
きみちょっとおもろい。粘着だけど。

259 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 09:32
Everybody is a loser.

260 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 10:08
ここ見てるとアメリカに行く気なくすなあ。
精神的にこんなに不安定になっちゃうところなんだ、アメリカって。
研究環境がよくてもキチガイにはなりたくない。


261 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 10:12
>>193はノーベル賞のボスを持つ、undergrad (引きこもり)

262 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 10:13
>>260 いってこいよ。旅行気分で。5年もいるようなまねしなきゃ問題ないぞ。

263 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 10:16
>260

You do not have to come here.
We all American do not want you.

264 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 10:19
American?? (LOL

265 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 10:52
>>263
英語むちゃくちゃだぞ、おい。

266 :どめすてぃっくなPh.D:02/09/12 22:49
おはよう! 地球の裏側の諸君!

>>261
なんだ>>193 は、ヒッキーだったのか。

267 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/12 22:53
>266

Good morning, loser.

268 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/13 01:14
good morning, kid (undergrad)!

269 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/13 01:18
あ〜あ、お通夜になっちゃったね。
祭りの方がいいな。

270 :だめだ:02/09/13 03:38
おはよう! チンコの裏側の諸君! いみねー・・・
さて、俺は193タンとは話しがあわねー。。。
 >日本でポス毒していたら嫉妬するかもしれないけど、
金をいっぱいもらえるのは確かにうらやましいが、
自分で好きなことをやりにきてるので、嫉妬とか、そういう話しじゃないし。。。
 >毎日刺激的な会話ができるし、
最初に徹底的に教え込まれたのが「シモネタ」なんですが。。。
てゆうか、そんなに刺激ばっか受けてていつ腰の座った作業すんの?
 >行きたい時にいつでも
そこまでは暇つくれないし。。。
 >世界各国の料理を大学周辺のレストランで安いお金で食べれるし、
まずいし。。。てゆーか、吉野屋とか、大学周辺にあった定食屋恋しい・・・
 >早朝のDowntownをジョギングしたり、
別にDown townに限らなくても、ジョギング好きな人は、どこでも楽しめるんじゃん?
 >$200くらいで週末にひとっ飛びでNYやLAやChicagoに行って遊んできたり、
基本的に混雑するところはあんまり好きじゃないし。。。
服とかもあんまかわねーし。。。
 >外人の友人とロッキーやシエラネバダでスキーしたり、
そんなもん現地にいるんだから特別書くことじゃない、
それより、うらやましいことと言えば、今更のようだが、
日本の友達と焼酎飲みながらマッタリ猥談したい。。。
 >製薬で体験できないことを経験できるからね。
たまたま知り合いになった駐在みたいな人は、金使う遊びまでこなしている。
駐在で海外に来ると、金まわり最強だ。。。正直、ちとうらやましい。
てか、製薬でもそれなりに「経験」はするだろ? たまたまそれを選ばなかっただけで、
以上のことから、大変遅レスではありますが
こういった人材とはメント向かって話したくないですね。

271 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/13 04:12
270 is the loser of losers.

272 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/13 09:53
>>193は最高の研究環境に遊びにきて「雰囲気」だけ味わってるという結論でいいですか?


273 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/13 11:26
272 is a puke.

274 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/13 11:55
また暴れてんのか、坊スレの帰ってきた1。

275 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/13 14:45
そういえば、いたな、そんな奴が。

276 :みなしごハッチ:02/09/13 16:44
スズメバチ駆除 ビ−バスタ−ズ
 http://ww41.tiki.ne.jp./~mikihiro9649/

277 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/13 22:19
>終身雇用と思っている日本の製薬サラリーマン->5年後に会社合併でリストラ

確かに30台後半から40過ぎでリストラされるとかなりつらい。
だがそれでも別の会社に転職するときに、前の会社で養った経験や
前の会社のネタでとった論博が役に立って、再就職できることが多
い。30台後半になってしまって、アカポス狙いで米国から帰って来
ることのできる人が果たして何人いるだろうね?
1/100か?
1/1000か?
ちなみに助手の公募は年令制限35までというのが圧倒的に多いが、
年令による差別を撤廃すべきだと思うね。

278 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/13 23:03
>>277
最近では年齢35歳前後なんて助教授・講師の公募だよ。
助手は30歳前後。

279 :34歳ポス毒:02/09/14 00:47
>278
鬱出し王

280 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/14 00:55
>>277
ほんとか?
ほんとにリストラになった研究職が研究職に再就職できると思ってるのか?

MRとか開発やってた人なら割と再就職簡単だけどね、
研究職でリストラなるのはね、つまりね、率直にいってね、
研究職じゃ「つかえねー」ってことじゃないの?

281 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/14 00:55
若さとは、何物にも代えがたい宝である
という言葉をかみしめています

確かに、年齢に反比例して可能性の幅はどんどん減る
今しかない


282 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/14 02:35
>278

30歳未満、というのを見たことがある。
たぶん、そこの教授は自分の思い通りになる若い働き者の犬が欲しいんだなあ、と思った。
そういうところには行かない方が幸せかな。

283 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/14 02:44
学位とってから5年アメリカにいたら、あとは講師か助教授か教授を
狙わなければいけないわけですね。つらいなぁ、この世の中・・・
っていうか、希少なアカポス以外に人生の選択肢を持たないんだとし
たら、それって・・・・

284 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/14 03:05
べつに、人生の選択肢なんていくらでもあるよ。
望まない仕事をしている人なんて世の中には掃いて捨てるほどいる。
一瞬だけでも夢を見られた分だけ幸せじゃないか。
夢破れたなら、*有能な*後進に道を譲ってやってくれ。
そして陰ながら応援してやってくれ・・せっせと税金を納めることで。


285 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/14 13:21
自分で自分のことを有能な後進なんていってる奴に本当に有能な奴がいたためしがない、
と年寄りたちはきっというであろ

286 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/16 22:17
>282
とった後のことを考えている人も多いみたい。
助手だと大抵期限付きだから、次の就職先についても考えなければならない。
その時、年齢が若い人の方が楽なんだろうな。

287 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/18 22:16
日本の製薬会社によると「大学院はきたいはずれ」なんだそうな。
あふぉばかり採用しておいて、いまさら何をいいんだすのだ、と
小一時間(以下略)

288 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/18 23:21
社員として一言。
会社も期待はずれだったよ。

能無しを放置して、無駄を改善しようともせず、いまさら何を、と
小一時間 (以下略)

289 :売り方:02/09/18 23:46
ドロの掛け合いかよ。醜いねぇ。やっぱ、つまんねぇ奴ばっかだな。

290 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/18 23:53
オマエが一番つまらない、と

291 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/18 23:54
いや、どこでもあほがいるってことじゃん?

292 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/18 23:56
ユビキタスあほ

293 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/21 14:45
自社品てどれくらいの割合で出ているの?

294 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/21 14:47
↑そんなのも知らずに製薬で働いているのか?このアフォ!!

295 :名無しゲノムのクローンさん:02/09/21 14:50
2,3年で一つとか?

296 :名無しゲノムのクローンさん:03/01/05 22:16
↓今夜、荒らしのカキコが!!

297 :山崎渉:03/01/11 13:54
(^^)

298 :名無しゲノムのクローンさん:03/01/12 23:57
あげ

299 ::03/01/13 01:23
優秀なヤツも性厄会社に乳射したとたんアホになるという表現の方が正しいと思われ

300 :名無しゲノムのクローンさん:03/01/13 01:27
うちのラボの先輩は元からっぽかったけどな。立派な論文だしたけど。

301 :名無しゲノムのクローンさん:03/01/14 00:25
日本の製薬って、経営と研究が分離されてない。
そこがちょっとね。


302 :山崎渉:03/01/18 13:04
(^^)

303 :名無しゲノムのクローンさん:03/01/25 03:00
ま、研究室で毎日必死に映画DVD焼いてるPh.D(予定)が製薬に行くわけだが・・・

304 :名無しゲノムのクローンさん:03/02/01 22:09
このまえ米国人材派遣会社から,登録しませんか のようなE-mailが突然やってきた.論文とかのコレスポにE-mailアドレスを書いてるのが原因と思われる.
アドレス載せるのも考え物だな.
前はわけわかんないアラブのどこからかの大学から研究員を派遣したいなんてメールがきたけど,
私は製薬会社勤務でしかも何の肩書きも持たないペーペーだって言うの.

305 :山崎渉:03/03/13 14:13
(^^)

306 :山崎渉:03/03/13 14:23
(^^)

307 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/07 21:33
アホを採用しているのは製薬会社だけじゃないよ


308 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/14 17:28
>>92
>Ph.D.はresearch、修士以下はテクニシャンあるいは機械のオペレーター、

医師業や弁護士業の場合、それに社会的責任が伴うけど、
博士(Ph.D)のresearchに伴う社会的責任ってなにさ。
「researchを通じて社会に貢献してます」では漠然としているし、
だいたい博士(Ph.D)の社会との接点は医師や弁護士と比べて甚だ希薄だ。
医師や弁護士あるいは製薬会社の経営者くらいに博士(Ph.D)が自立的に
社会的責任を負ってるとは思えないな。

博士(Ph.D)が業績業績と言っても、それが社会のニーズに合っているかどうかは
疑わしいし、仮に合っていないとしても一向に責任は追及されない。
一方経営者が社会のニーズに合わない事業に手を染めたら赤字が待っている。
もちろん経営者は赤字の責任を負わねばならない。

「Ph.D.はresearchで、修士以下はテクニシャン」なんて、人生を始められない
おこちゃまが、人生ゲームの中でヒエラルキーを作って遊んでいる(ごまかしている)
みたいだ。欠如してる社会的責任の面をカバーするのは管轄官庁の官僚なんだろうけど、
その連中から見放されてもやっていけるよう早く大人になるべきだろうね。

そもそも教育はおこちゃま相手だから、教育する側もおこちゃま化する傾向が
あるんだよねえ。「Ph.D.はresearchで、修士以下はテクニシャン」なんて
RPGと現実の区別が出来ない危ない人みたいだな。

309 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/15 00:01
>>308
半年以上前の書き込みに対してその長文かよ…。
あんまり頭に血が昇ってるところを見せたら煽られるぞ…。

310 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/15 11:46
アホだからこそ、製薬会社でやっていけるのです。
独自のモラルを持たぬ、操り人形の平凡人だからこそ、
サラリーマン研究者が勤まるのです。

研究とは、他人が知らない新しいことを見つけることなのです。
他人が知っていることを再現することは「追試」といいます。

真の研究者の魂とは、他人がやらないこと・やっていないことを探求する精神。
そのような魂を持つ者は、他者迎合を善しとするサラリーマンには向きません。

真の研究者の魂を持つ者は、企業の研究者(特に2流以下)に所属するのは止め、
大学・もしくは一流の民間研究機関に所属すべし。

失敗した俺が言うのだから、間違いはない。

311 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/15 20:01

★一重★目が細いか小さい★目頭がほとんど無い★ツリ目かトガリ目★
★ヨリ目★眉毛がかなり薄い★目と眉毛の間が広い★ハの字眉★
★肌が茶色い★ヒゲが薄いか生えない(男性限定)★
★歯が大きい、または出っ歯★スネ毛など体毛が薄いかほとんど生えない★
★頬骨が強く張っている★彫りが極端に浅く、起伏に乏しい★
★うりざね型の面長★絶壁頭(過短頭)★


以上のうち4つ以上該当すれば朝鮮

312 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/16 03:04
310のいっていることは一見正しいように見えますが実は大嘘です。
「アホだからこそ、製薬会社でやっていけるのです。」
といいますが、製薬会社の研究所全員がアホだったら、とっくの
昔に会社はつぶれているか合併してるかしています。この超不景気に
きちんとやっていける会社は、やっぱりどこかにかならず見所ありです
会社=勝組 ポスドク・助手(任期)=負組

313 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/16 11:25
そういう会社の研究所でうまくやって行けなかった人が
アカデミックにいって「日本の製薬会社はあふぉばかり」と
いくらいったところで、それはやっぱり負け犬の遠吠えだと
おもうんですけど

微妙なのは修士出て正社員になれなくて派遣で研究やってる
人と、そのままずるずる博士いったあと、アカポスなくて
PDやってるひとと、どっちが負け組か、という問題です

314 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/16 12:07
国立の薬理ってほとんどどこも生化学系になったから
動物さわれないやつばかりが入ってくる。
おかげで動物実験となるとお呼びがかかって
いい迷惑だ。


315 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/16 12:24
会社の研究所の連中ってホント,ペーパー
読まない。しかし日本語の解説書はよく読むから
驚くくらい広い知識を持っている。あと,有名研
に出入りしてる奴は先端的な研究者しか知らないような
ことも耳学問で知っている。しかしそれ以外は
全般的に浅いけどね。

>>314
医歯薬どこも分子生物学やらないと研究費とれない
からね。
それに生化学系の方が薬理系より人口多いから,
どうしても薬理の人間追い出して仲間を教授に
させたくなるのは人情でしょ。


316 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/16 19:23
>>314
そおだねえ
薬学系における薬理とか解剖学とかすたれちまったなあ
解剖やマウスにカテーテルとりつけとかの簡単な手術できたら
製薬会社ではうはうはなんだけどな 遺伝子やってるやつらは数は多いけど
使えねえ
でも獣医学部出身の人たち、あまり製薬会社に就職にこないよね
動物好きのひとたちだから、実験動物だらけというのはてーこーあるんだろうなあ

317 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/16 22:39
>>315
製薬会社の研究者の知識が浅い点について。
研究テーマが時代と予算によって、しばしば変更になり、なかなか知識を深められないのです。

318 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/16 23:06
深すぎると目的を見失うから、浅いといわれるくらいで丁度いいんです

319 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/17 03:12
>>312,313にとって大切なものは
「社会的地位」「収入」「(見た目の)勝ち負け」

すっかり企業のアホどもに洗脳されてしまい、
研究者の価値観・魂を失ってしまった人間なのです。

こーゆーふうにはなってはいけません。


320 :あぼーん:03/04/17 03:16
( ´Д`)/< 先生!!こんなのを見つけました。
http://japan.pinkserver.com/yamazaki/hankaku/hankaku09.html
http://japan.pinkserver.com/yamazaki/hankaku/hankaku10.html
http://japan.pinkserver.com/yamazaki/hankaku/hankaku07.html
http://japan.pinkserver.com/yamazaki/hankaku/hankaku08.html
http://japan.pinkserver.com/yamazaki/hankaku/hankaku05.html
http://japan.pinkserver.com/yamazaki/hankaku/hankaku06.html
http://japan.pinkserver.com/yamazaki/hankaku/hankaku03.html
http://japan.pinkserver.com/yamazaki/hankaku/hankaku04.html
http://japan.pinkserver.com/yamazaki/hankaku/hankaku01.html
http://japan.pinkserver.com/yamazaki/hankaku/hankaku02.html

321 :あぼーん:03/04/17 03:43
  ∋8ノノハ.∩
   川o・-・)ノ <先生!こんなのがありました!
__/ /    /   
\(_ノ ̄ ̄ ̄\
||ヽ|| ̄ ̄ ̄ ̄||
 ...|| ̄ ̄ ̄ ̄||
http://freeweb2.kakiko.com/saitama/

322 :山崎渉:03/04/17 08:43
(^^)

323 :312:03/04/17 13:15
わはははははは。自分の自意識のなかだけで保たれる、科学的名誉と言う名前の
幻想。あるいはごく小さな偏った考え方の人の間でだけ認められる栄誉。
某宗教団体の共同生活体の位階制みたいですね。

わたし自身は私生活でそんなに「社会的地位」や「勝ち負け」にはこだわってないが
『自分の世界でしか通用しない客観性を欠いた価値観に凝りかたまった人間』を
税金で養うことには、反対です。
それに客観性を欠いている人って、研究者として大勢しないよ。

324 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/17 15:47
>>323
なかなか目の付け所はいいな。

科学者の価値観って、もともと主観的なものなのじゃないか?
小柴氏のニュートリノだって、本人が言うように、社会に役立つ研究ではない。
(名誉は別として)実験結果は一般の社会に還元されるものではない。
個人の主観的な、学術的興味、もしくはロマン、に基づいて行われた研究じゃん。
宇宙開発なども、別にやらなくてもいい。
やると言い出す主観的人間がいて、賛同者が増えれば、それが客観性のある意向に変わる。

自分が健全であると認められる、良い環境にいる人間はそれに迎合すればいい。
俺の場合はやる気も成果もないDQN研究所(しかし一部上場企業)にいた。
そこの社員は、毎月給料さえもらえており、人間関係が丸く治まっていれば、それで万事OK。
薬なんかムリして創らなくてもいいという奴らだったので、
彼らに迎合しなかった俺の主観的価値観は正しかったと信じている。

自分の主観的な正義や価値観を貫けるこの世に数少ない仕事の一つが、
まさに「研究」じゃない?

主観的な人間はリーダーの位置を占め、客観の者は下働きのワーカーとなる、
お前ワーカーだろ?

325 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/17 16:00
大人の出逢いから ピュアな出逢いまで・・・。
素敵な お相手が貴方を待っています!
もちろん 女性は完全無料です!
http://www.sweet.st

326 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/17 16:14
これは安いアダルトDVD一枚900円!!
http://www.net-de-dvd.com/
これは安いアダルトDVD一枚900円!!
http://www.net-de-dvd.com/
これは安いアダルトDVD一枚900円!!
http://www.net-de-dvd.com/
これは安いアダルトDVD一枚900円!!
http://www.net-de-dvd.com/
これは安いアダルトDVD一枚900円!!
http://www.net-de-dvd.com/
これは安いアダルトDVD一枚900円!!
http://www.net-de-dvd.com/


327 :312:03/04/17 17:18
>>324
おれはしがない中間管理職です(w ワーカーあがりだよ

「自分の主観的な正義や価値観を貫けるこの世に数少ない仕事の一つが、
まさに「研究」じゃない?」には反対だよ。

いや、研究にこそ客観的なジャッジは必要で、だから公的研究機関や大学には
(第三者の客観的な)外部評価が必要で、そういうのに対して一定のコンセンサス
を持ち得ない人間をリーダーにしたり、巨額のプロジェクト予算をつけると
ひどいことになる、と思うのですけどね。
そういう酷い例をたくさん見てきたもんで。
ちなみに客観的と言うのは「グローバルスタンダード」という概念も入っている。

324さんの考えているアカポスにおける科学観というのは、十年くらい前の
地方大学における、競争的研究資金獲得を必要としない牧歌的な純粋理学の
理念に近いんじゃないかな。会社から大学に移った人には、現在の大学改革の
流れに逆行する、保守主義者(ネオコン?)が多いらしいし。

328 :324:03/04/18 10:06
>>327
ワーカー上がりの中間管理職ならば、様々な異なる思想・価値観を併せ持っているはずだ。

さて、キミは「研究とは、お上の機嫌をとって金を恵んでもらい、その有難い恩恵でやらせてもらうものだ」
(これを飛躍させれば)「人の生き方も本来そういうものであり、
長いものに巻かれて生きるのが常識である」と言っているように聞こえる。
まあ、そういう生き方もあろう。

キミの研究機関は〈ある程度でも〉独立採算制でやっていけるのだろうか?
金銭的価値以外を含めても、投資に見合う価値を生み出せているのだろうか?
企業の研究所ならば、投資に見合う成果を出して出資者や会社の利益に結び付けてこそ存在価値がある。

この当然かつ健全で、自主自立した社会活動を行うと同時に、
プロフェッショナル研究者としての義務を、自己責任においてきちんと果たせていれば、
今のキミのように、お上や大勢の顔色伺いの、
他社依存を前提とした発想が、主張の前面に浮上してくることはない。

329 :324:03/04/18 10:07
(続き)
俺のいたDQN研究所は、何の利益も生みだせない会社のお荷物・かざり・オマケであり、
研究費と給料を会社にただ恵んでもらっているだけの、物乞いのようなところだった。
俺は、社員として情けなく、研究者として恥ずかしく、人間として不甲斐ない限りだったのだが、
実にサラリーマン的な他の人間たちは「それが普通」だと考えていた。

主観的だと言われるだろうが、
俺は、きちんと責任を果たし独立的に採算の取れている(と自分の主観で認識できる)、
自主自立した生き方がしたいのだ。

例え研究をやめてもね!

330 :312:03/04/18 10:58
>>324
324さんの『きちんと責任を果たし独立的に採算の取れている』という
考え方をよしとする、という責任感は、万人にうけいれられる極めて
客観的な価値基準であると思う。煽るような書き方したことをお詫びします。
だからこそそういう価値観を心にしっかり止めて自分の行動規範として
いるのだったら、それこそ会社を出てもどこでも通用するだろう。
会社からでてもガンバって下さい。
「世界中どこでも通用する価値観=客観的」とおもうんですけど、違いますか?

「おかみの機嫌をとって金を恵んでもらい」うんぬんの価値基準のほうが
私が323で書いた閉鎖された狭い同業者の間でしか通用しない価値観
なのだとおもう。
私がいる会社は外資系なので、そのあたりの価値観の置き方は、ひょっと
したら日本の同族経営企業の風土よりは、もっと開けっ広げなのかも
しれません。
でも、外資系の製薬会社の国内での業績が今一なのは周知のこと。
国内製薬会社があれだけ、きちんと儲けているところをみると、
やはり、システムがいいのか、それとも誰かがきちんと舵取りしてる
んでは、と考えました。

ただ私はあくまで、研究主体としての研究者の唯我独尊的な生き方と
いうのは、もはや成り立たないと思います。科学的なプライオリティ−は
断じて科学者の主観や科学的直観なんかではない。一見主観的に見えても
つきつめて考えて説明すれば、すべて論理的に説明可能かつ万人に(う゛ぁか以外の万人に)理解してもらえるはず。そうでなければ
一流の科学ではないとおもいます。

もちろん、だからこそおかみや投資家がう゛ぁかでなければ、
説得もできるし金も恵んでもらえる。これは大学が競争的資金をとる
プロセスとそんなにかわらないでしょ?米国のグラント申請よりはかなり
ヌルイけどさ。

331 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/18 22:52
> う゛ぁか以外の万人に

しかし科学の歴史上、ごく少数の人間以外全員「う゛ぁか」、という状況はよくある。
「電気なんか研究したって何の役にも立たない」といわれたファラデーのように。

「客観的」というのも、場合によっては「みんながそういうから」みたいな
生ぬるい世界の住人のお題目でしかないこともある、というのは忘れないほうがいいかも。
ま、あくまで「こともある」だけだけどね。

332 :山崎渉:03/04/20 03:58
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

333 :329:03/04/22 16:17
>>330
あなたと俺とでは「研究観」ばかりか「社会観」が違う。すなわちこれまでの人生で見てきたモノが違うのだ。
あなたは外資系ということで、きっと進歩的で健全なモラルを持った一流優良企業に長年勤務しているのだろう。
そのために、二流以下の国内企業に残存する古臭いモラルについてあまり知らないのに違いない。

おっしゃるような同族経営やワンマン経営体制の「ごく一部」の日本企業には、
成果主義とは程遠い旧態依然としたところがある。
「きちんと責任を〜」という、万人に受け入れられるべき客観的価値基準が通用しないところが、
信じられないだろうが実際にあるのだ。
「これから会社選びをする人は、そういうところにはくれぐれも気を付けろよ!」
というのが、俺の現時点での主張。これには異論はないでしょ?

しかし、俺の前からの書き込みでは、かなり表現が誇張・歪曲されており、
「全ての製薬企業がダメ」との誤った解釈を与える内容となっており、
それにより不快を被ったのならば謝罪をしたい。
ただ、自分の目では、そのようなオススメできない企業しか見たことが無く、
それに強烈な印象を抱いてしまっているのでそのような表現にもなると、一つ言い訳をしておく。

334 :329:03/04/22 16:19
ところで、「う゛ぁか以外の万人」に説明可能な科学者の主観とは、
独創性に乏しい、ありふれた、流行りの、誰かが知っている、そういう面を持つ価値観・アイデアなのではないか。
コペルニクス的転回発想や独創的なアイデア、真に画期的な考えは、
たとえそれが良い結果をもたらすものであっても、大勢に滅多に受け入れられるものではない。(331氏の主張か?)

受け入れられないような考えは、それ自体が悪いのであろうか?
そうではない。受け入れることのできる人間がいないことが問題なのだ。
したがって、科学の進歩のためには、多様な価値観・発想・能力などを持った色々な人間がいることが好ましいはず。
どの異端者が実際に役立つのかなんて誰にも知りえるはずが無い。誰にも知りえないから異端者なのだ。

もしも、世の中みんな俺よりスゴイ異端者ばかりだったら、社会が混乱することが予想できるので、それも困るが、
科学者全体の数%ぐらいは一定の型にはまらない異端者であったほうがむしろいいのではないか?


価値観の多様性を認めると言うこととは、あなたと俺とような互いにわかり合えない関係を肯定することをいう。
俺は多くの人間と、互いにわかり合えなくてそれでいいのだと承知でいる。
だが、そちら様は画一思想の持ち主なので、「わかり合えなきゃいけない」と思っているだろうから、
そういう意味で、このように反論するのは大変に心苦しいところだ。(そちら、全然余裕なのかなw)

335 :329:03/04/22 16:20
「論理で人を説得できる」というのも違う。
我等同士は「つきつめて論理的に説明し合って、結局納得し合える」とは思っていない。
精神性(価値観・倫理観等)と知性(論理・表現等)とは本来独立な関係にあるもので、
両者の精神性に交わりが殆ど無ければ、どんなに論理的説明をしたところで無意味だ。そのような気配がある。
「腑に落ちる」とは、論理的に理解することではなく、精神が受け入れることなのだ。


「一流の科学」とは誰の基準をもって一流とするか?その基準がそもそも「主観的」なものであり、
決して多数決で決まるものではない。
パラダイムが違えば、善悪の判断基準も異なるわけで、あなたにとっての“一流”は俺にとっての「一流」ではない。
その逆もまた然り。結局自分にとっての一流が一流なのだと思うしかない。
「狭苦しいヤツだ」と言いたいだろうが、それは「多数決至上主義」「画一思想」がそう言わせるに他ならない。

わざと屁理屈をこねているわけではなく、「観」の相違がそうさせるのだが・・
一般に科学とは、突き詰めていくと先細りになっていくもので、
最も理解できる人間が少ない分野が最先端の一流の分野だと言いたい。

一貫して、何かにつけて俺は、「一般的」ではなく、「特殊的」な事項について話している。「狭い」と感じられて当然だ。
しかし、その特殊で、狭い、異端者を、容認するべきか、否認すべきか、その中間か、そのあたりの「観」を問いたい。

336 :みなしごハッチ:03/04/22 18:35
スズメバチ駆除 ビーバスターズ
http://ww41.tiki.ne.jp/~mikihiro9649

337 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/22 18:35
330 >>329

社会のダークサイドを見すぎてしまうと、科学者として一流になれない
ことを危惧してしまう。334で329さんが発言している
「 独創性に乏しい、ありふれた、流行りの、誰かが知っている、
そういう面を持つ価値観・アイデア」は、私の分類では
「ぶぁかにも理解できる」価値観でありアイデアです。

はたして本当かどうか疑問があるけれども、米国、日本、中国では
すでに国民が勝ち組と負け組にはっきりわかれており、アメリカで
1割、日本でおそらく5%、中国で1−5%が現時点で勝ち組。この
人たちは、かなり最先端なことにも理解を示すかすくなくとも理解
力をもち、論理的な話し方考え方になれており、論理的な判断ならびに
投資行動、消費行動ができ、今後も社会の上部を占めて行けると
おもわれます。

338 :330:03/04/22 18:40
そして社会観、価値観の違いにもかかわらず、329さんの考えている
一流の科学と言うものが本当に一流ならば、そういう人びとをきちんと
説得できるに足る論理性と普遍性は最低限そなわっているはずだから、
「最も理解できる人間が少ない分野が最先端の一流の分野」と卑下したり
科学の持つ本質的な普遍性を否定しないほうがいいと思います。

「ぶぁか以外の万人に理解できる」というのは、だから負け組の人を
相手にしていてもしょうがない、ということがいいたいのだけど。
にもかかわらず生物学の持っている方法論は、
「ほとんどの人が理解しない分野の重箱のすみをつつくような2流
3流の科学」と「1流の科学」を明確に区別する術をもっていない
んじゃないでしょうか。


339 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/23 00:08
正直いって、
> アメリカで 1割、日本でおそらく5%、中国で1−5%
これを「う゛ぁか以外の万人」と表現するのは無理があるのではないかと。

そもそも、「勝ち組」が知性や論理性や理性で勝ち残って来た、と考えるのは
きれいなものばかり見たがるお坊ちゃん的発想ではないかな。
むしろそういうエレガントなもの以外のほうが、勝ち組と負け組を規定しているようにも思うが。

いや、煽るみたいな書き方になったが、例えばアインシュタインだって
量子論を死ぬまで理解できなかったし、説得されることもなかった
(説得したほうもボルンとかシュレーディンガーみたいな「巨人」だったにもかかわらず)。
もちろんアインシュタインだって必ずしも特別な「論理性」を持った人とは限らなかったようだが、
今の日本で「勝ち組」と言われている人々程度には論理性があったわけで。

なんというか、「客観性が必要だ」という主張のほうこそが、むしろ理想論に
すぎないのではないか。
結局「たった一人の主観」に勝るほどの客観性は、まだ我々の手元にはないように思う。
もちろん、それを身に付けたいとは思うけどね。

340 :329:03/04/23 10:13
>>337-338

>>335の中ほどに「一流」の定義に関することを書いた。

「本当に一流ならば、そういう人びとをきちんと説得できるに足る論理性と普遍性は最低限そなわっているはず」
・・というのは、それは、あなたにとっての“一流”における話だ。

あなたと俺ではパラダイムが違うので、「一流」の捉え方が違うのだ。


「科学の持つ本質的な普遍性」を、一流といわれている者たち皆が、本当に理解し分かち合っているのだろうか?
もし、そうだというのならば、それは科学というものが本質的に持つ「無限性」「多様性」を過小評価し、
見逃しているのだといえる。
「我々は科学というものの大半を既に知り尽くしたのだ」という、人間の驕り以外の何事でもない。

「無知の知」というアリストテレスの言葉があるが、
「(一流の者は特に)人間は科学のことをまだ何もわかっちゃいない」と考えることが賢明だといえよう。
そのような謙虚な姿勢で科学というものを捉えてこそ、「無知」の部分を積極的に解き明かしていくことが出来る。

341 :329:03/04/23 10:13
「“一流と呼ばれている”人間は、科学のことを何もわかっちゃいない」という捉え方をすべき。
別に、俺が一流だと言っているのではない。
23世紀や24世紀の科学者から見たら、
「我々の時代の一流科学者など、ままごとのような科学を一流だと思い込んでいる」はずだということだ。
そういう「一流だと自称する人間」や「互いに一流だと賞賛し合い、持ち上げ合う人間」に受け入れられることに意味は無い。


「他人が理解するorしない」、「他人を説得できるorできない」、「大勢が受け入れるor受け入れない」とか、
そういう他人の顔色を気にするのは「社会的価値観」であって、科学の本質的価値とは何ら関係が無い。

科学の本質とは、「真実を明らかにすること」であって、「他者説得」とは一切の無関係だ。

お偉方の学者たちに取り入ることをせず、
社会の下層者となり貧困の中で栄養失調になりながらも自分の研究を続けたキュリー夫人は、
社会性よりも真実の発見に身を捧げた本物の科学者だといえる。

「勝ち組み」となり、「社会の上部」に立ちたいあなたにとって、最も大事なこと(=目的)は「社会性」であり、
あなたにとって「科学」とは、その社会的目的を達成するための単なる「手段」に用いていると考えるのが妥当。
「科学」を利用して、他人に取り入って、社会的地位や富を得ることがやっぱ一番の目的なのでしょう?

そのように、「科学」を他の目的の手段とする捉え方は、私の定義では「一流の科学」とは言いません。
社会的目的よりも科学の本質的目的を追求しようとするのが、真の科学者なのです。


342 :339:03/04/24 01:53
どうも横から口出してるみたいで悪いのだが。

> 社会的目的よりも科学の本質的目的を追求しようとするのが、真の科学者なのです。

この部分はちょっと違うような気がするな。
科学の本質的目的と社会的目的は多くの場合一致している、とは思う。
それがたとえ基礎科学であっても。

ただ、337-338でおかしいと思うのは、「科学の本質的目的」あるいは
「社会的目的」が優秀な他者になら容易に理解できるはずだ、と強烈に
楽観的である点だ。
それこそファラデーの電気やメンデルの法則のように、当時の
最高レベルの知性の持ち主でさえそれほど重要だとは思わなかった
ような研究は山ほどある。
生物学を数十年遅らせる羽目になった「メンデルの教訓」を
忘れたかのような、「頭のいい人ならわかってくれるよね」という主張は、
正直どうだろうと思う。
特に基礎科学を正しく評価するのは現状では不可能だろうし、
だからといって基礎科学に意味がないと判断するのは
理想論の暴走ではないかと。

337-338の言っているのが強烈な理想論なのか、あるいは340-341が
厳しく指摘しているように「基礎科学では目先の金と名誉が入らないから」
みたいなことなのかはわからないのだが、とりあえず俺は前者だと判断して書いてみた。340-341は後者だと思っているのだと思う。

343 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/26 22:29
正直、こんなところで議論してないで、
会議の場で活発に論議でき、コミュ二ケーション能力の
ある人材がほすい。



344 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/26 23:07
どれもこれも長過ぎて読む気氏ねー

345 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/27 20:25
>>344
自分の文章読解能力の無さをここで披露してどうする?

346 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/27 20:30
tu-ka一流の人間はこんなところで議論してない罠

347 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/27 22:45
>>343
>>346
一流の人間ほど、陰でたゆまぬ努力をしているのさ。
米大統領の力強いスピーチは練習を重ねて築き上げたもの。
ヒットラーの強烈な演説もそう。
あなたがたは、縁の下の努力をしてますか?



348 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/28 00:14
>347

その通りだろうね。
ただ、ここでの論議は縁の下の努力に該当しないと思われ。

349 :名無しゲノムのクローンさん:03/04/28 00:18
>348

訂正 真剣に論議しているならその通りなのだと思います。
それでいい。。


350 :330:03/04/29 22:45
そんなに強烈な理想論を語ってるつもりはありませんけどねえ
非常にリアリスティックですよ。
経済的に「勝組み」といわれている人たちの中に、理系出身でなくても
「きちんと正しく論理的に説明すれば(かなり最先端に近い)生物学的
事象やそれに関する基礎研究の重要性も理解してくれる人が、いる」
(しかも、それもわりと多く・・・日本の文系もそんなにすてたもん
じゃない)という事がいいたいだけなんですけどね。
もっとすごいのが中国系の人たちなんだけど。
それをお坊ちゃん的発想と言われても(だって実際俺のかかわってる
プロジェクトは鶴の一声で首も繋がったしむしろ予算増えたしなあ)

もし339氏や329氏が、「論理的な説明の末に、やはりわかってもらえなかった」という経験をもっているのならともかく、
そうでなく、トライしたこともなくファラデーやアインシュタインを例に
出すんだったら、そのほうがとんでもなく世間知らずだとおもいますよ。

ちなみに俺は自分自身が社会的に勝ち組みに入りたい、とは思ってないす。
ただ、俺の目指している科学・研究はやはりかなりカネがかかる。
だからそれをコネとか、日本の密室政治的科研費とか、ではなく、
よりオープンなところから資金を調達できるようになりたい。それが
できるようになれば、「私設の非営利的基礎研究機関」も立ち上げられるように
なると思う。
ちなみに最近友人が、地方大学の助教授に転出したんだけど、なりたての
助教授が年間に稼げる科研費なんて、本当に知れてる。
339さんや329さんは、自分の考える一流の科学を実現するための
研究資金を、どうやって調達するつもりなのでしょうか?それともそれこそ
アインシュタインのように、素晴らしい頭脳と理論だけで、ウェットでの
運営資金なしでもいけるのでしょうか?

351 :339:03/04/29 23:26
> それともそれこそ
> アインシュタインのように、素晴らしい頭脳と理論だけで、ウェットでの
> 運営資金なしでもいけるのでしょうか?

えーと、最初の主旨から話が外れてる? あるいは俺が誤解してた?
ごく乱暴にまとめると、330さんは
「金が入る研究=有意義な研究」「金が入らない研究=無意味な研究」
だと主張している、と少なくとも私や329氏は受け取ったわけで、
だからファラデーやメンデルの例を出したのだが
(「アインシュタイン」は、むしろ「十分に理性的な人(アインシュタイン)
であっても他人の研究について正しく評価できないことがある」という例。
アインシュタイン自身の研究はかなり当初から評価されていた)。

つまり「運営資金が入らない」ような研究者は「素晴らしい頭脳と理論」
を持っていない、という主張をしている二元論者だと思っていたわけで、
「世の中そんなに単純じゃねえだろ」というのが私の意見ですな
(だから「お坊ちゃん的」だと感じたわけだ。「正義は勝つ」みたいで)。

もし330氏が「素晴らしい頭脳と理論」と「運営資金が入らない」が
両立する(すばらしい研究でもカネが入らないことがある)と思っている
のなら、別に強く反論すべきポイントはないです。

もちろん、「素晴らしい頭脳と理論」の持ち主にカネが行かないという状況は
おかしいわけで、それについての議論(研究者がカネを稼ぐ努力をすべきか、
あるいは社会制度のほうを改善したほうがいいか、とか)ならする価値があると思う。
もし330さんの主張が最初からそれだったんだとしたら、誤解しててスマソ。

ちなみにそういう主張だったんだとすれば、「研究者の主観と社会の要請の
バランスを取るべきだ」と反論(というほどでもないか)したと思う。
研究者の主観に任せっきりではいつ何ができるか計画が立てられないし、
かといって社会の要請に応じた研究しかしないのでは、常に後追い研究しか
できない集団になるし。

352 :339:03/04/29 23:43
ただ、やっぱり

> 「きちんと正しく論理的に説明すれば(かなり最先端に近い)生物学的
> 事象やそれに関する基礎研究の重要性も理解してくれる人が、いる」

は楽観的かな、という気がするな。例えばノーベル化学賞が、野依さん以外全員
「予想外の受賞」といわれてたあたりを見ると。
まあ、立場や分野によって感じることは違うので、何も議論を蒸し返す必要はないのだが。

353 :330:03/04/29 23:58
なんとなくわかっていただけたようで安心しました。

>「素晴らしい頭脳と理論」の持ち主にカネが行かないという状況は
おかしい

おかしいです。そして現実にはそういう状況もよく見受けられます。
で、それは日本の予算制度・社会制度の改善を急がなければならないのは
もちろんだけれども、それに対して危機感をもっているのは単に研究の
現場に携わっているものたちだけじゃないです。一部の企業の経営者や
銀行や証券会社のアナリストの人たちなんかも、「今の状況ではまずいかも」
ということはそろそろ気付き始めています。俺の考えている一流というのは
そういう人たちを(必要があれば)説得して資金を引き出せるだけの論理
性と説明責任のとれる科学っす。別にお金なしで十分研究できるなら、説明責任はいらんっす。
会社活動の正しい目的は、社会に対して貢献することで、そこから相応の利潤を
得ることです。意図して社会に対して害を成して、かつ経済的利潤をあげることを
目的することではありません(そういう団体もあります。マルボウとかいわれてます)
製薬会社であるからには、医薬・医療を通じて社会に貢献すること、そこから
相応の利潤を得ることが会社の存在意義のはずです(たてまえは)。はじめから
「社会に貢献することは俺のポリシーに反する」とか「俺のやりたい研究は反社会的だ」
とかいう人はそもそも会社に入社してはいけない。やってけないでしょ?

>「研究者の主観と社会の要請のバランスを取るべきだ」「社会の要請」という意味で「客観的価値観」ということばを多用しました。
研究者の主観による価値観と、真実を見出すために研究者がときに発揮する
科学的直感と、研究者がもたなければならない社会性は3つとも全て別物です。科学的直感から導かれた結果であっても、それが真実ならばかならず
科学の言葉で説明可能である、と信じてます。研究者の主観はあてになりません。
基礎研究が社会に役に立たない、とは思いません。ですが、自分の私財を投じて
道楽のように行うわけでない以上、スポンサーに対して説明責任は果たさないと
誰もお金をくれないと思うのですけど。後追い研究にしかお金を出さない国民性
を丸出しの一部の経営者の人には、苛立ちを感じます、もちろん。


354 :339:03/04/30 01:00
いや、悪ぶって見せたがるコドモのように「すべての価値はカネで決まるんだよ」
と主張してるのかと思ってた(失礼)。

それこそメンデルの時代みたいに「どんなに説明しても、その国最高の植物学者で
さえわかってくれない」ようなことは、現代では確かにほとんどないだろうとは思う。
ただ、「流行り物」じゃない種類の研究を正しく評価するのが難しいのも確かで、
後にノーベル賞を受賞するほどの業績をあげた化学者が、東工大退官後の職がなくて
研究も教育もやめる、みたいなことはまだまだ起こりうるんだよね。
それは「説明責任」が発生するより前の段階の問題で、330さんが
「後追い研究にしかお金を出さない国民性」と指摘している部分だとは思うけど。

むしろ、「説明責任」を議論できる段階になっている研究者については、俺は
どうでもいい(あるいは「がんばってくれ」とか)と思っている。

355 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/01 14:21
日本ドメスティック製薬会社で分野別(化学,薬理,毒性,代謝,臨床開発,営業)
にランキングづけどうよ?
つまらんか?


356 :動画直リン:03/05/01 14:27
http://homepage.mac.com/hitomi18/

357 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/01 17:41
>>355
いいとは思うけど、全部門武田で埋まっちゃったりしないの?

358 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/02 00:47
>357
武田は何年前から新薬を出していないか知ってるのか?
今だったら研究部門はおのとかの方がいいのでは

359 :329:03/05/02 00:57
>>350,353
客観的価値観だとキミは言う、独立採算の理念を旨としたいオレとしては、企業での研究においては
カネを貰うために、事前にプロジェクトについて他者にくどくどと説明をする必要はあまりないと言いたい。

研究で確かな成果を出し、その成果に対して正当な報酬を受け、それを次の研究資金に回せばいい。
ここで、製薬会社における研究成果は、すぐに商品の売上げに結びつくものではなく、
販売実績としての金銭的価値評価が即得られるわけでないが、
研究成果に対し、相応の金銭的価値の見積もりは出すことができるはず。
「口(言葉)で稼ぐのではなく、腕(実績)で稼ぐ」ように考えるがプロ意識のある研究屋である。

研究を始める事前に行う説明責任にそれほどの本質的意味はない。
誰も行ったことのないことをするのが研究なので、研究がその後どういう経過を辿り、どういう結果が出て、
最終的にどれだけの価値が生まれるか、失敗することはないのか、なんてやってみなけりゃわかりやしない。
そういう、雲を掴むような事前の状態で、「とらぬタヌキの皮算用」をして「机上の空論」を打ち立て、
論理的で雄弁な話術を駆使し、出資者や決裁権限者を説得し、その結果ナットクしてもらったとしても、
それは、ただ相手を丸め込んでカネをふんだくったのに過ぎない。成果を出すことに本当の目的がある。

「腕で稼ぐ」というのは、研究者にとっては究極的な理想論であって、
失敗が常であり、巨額の(犠牲的)投資が要る新薬の創薬研究などを行っていたら、
腕ばかりではとても稼ぎきれないというのが事実。
研究に必要なカネを何とか貰うために、「口で稼ぐ」ことを実際にはせざるを得ない。
しかしここで、「口」を使うのは、薬を作るという本来の目的を果たすためのあくまでも「手段」、
それも「非常手段」であることを決して忘れてはいけない。

360 :329:03/05/02 00:58
しかし、製薬企業の研究者にはアホが多くて、この目的と手段を取り違えてしまう人間が多い。殆どだ。
説明を果たすことが自分の主たる仕事だと思っている者ばかりだ。
結果についても、うまくいったかどうかよりも、結果をうまく説明できるかということを優先的に考えている。

失敗結果を他人にわかりやすく説明できるように、
長い時間をかけて、パソコンで小綺麗な資料を製作して、それを使って上司に報告を試みる。
「自分は最善を尽くしたが、たまたま運が悪く、人間のコントロール不能な自然科学的要因のせいで、
残念ながら失敗に終わった」という、お約束のストーリーに乗せることが欠かせない。
報告を受ける者もまた然りで、理路整然とわかりやすく失敗結果を説明してもらい、
自分が納得できて、彼の上司にも理路整然と説明できそうであれば、それで万事OKなのだ。
アホすぎて、開いた口が塞がらない。どうしようもない。

アホ研究者にとっては説得がすべてである。
説明を果たせば、どうせ成果など出ない、結局は道楽にすぎないような研究を公然と続けることができる。
そうやって道楽を楽しんでいれば、月末や年末には満足なサラリーが貰える。それで万事OK。よい人生。
彼らはそう考えている。

兎にも角にも、家族のために稼がにゃならない現実主義者の「おとうさんたち」にとっては、
新薬を創るなんていう、夢見る新入社員だけが持つような夢想的目的を、
本心から第一目的として持ちつづけることは到底できやしない。
世の中が汚れていれば、自分も一緒に汚れることが、社会人として一人前になることだと信じている。

「薬を作り医療に貢献する」という、ずいぶんと立派そうなタテマエを掲げておいて、
実際は説得力を駆使してちっぽけな私利私欲をむさぼる、それこそが「おとうさんたち」の生態。
磨かぬ「腕」はナマクラで「口」ばかりが切れ味鋭い、そういう種族が、どこぞのニ流製薬企業には居る。

361 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/02 02:44
なんか、単なる私怨じゃん。
それはきみの半径5m以内で起こってることだろ。

308あたりから読み返してみると、この二人どっちも変じゃねえか?
一方は「勝ち組・負け組」みたいな言葉を今さら得意気に使ってたり、もう一方は
だんだん話が脱線して興奮してわめきだしたり。
確かに二人ともこのスレのタイトルにはぴったりだと思うけどさ。

362 :330:03/05/02 09:29
>>361
>「勝ち組・負け組」みたいな言葉を今さら
今だからこそ、と行って欲しいなあ。ひょっとしてリストラとかとは無縁のポジションにいらっしゃるんですか
でもまあ、きちんと議論の流れを読みかえしてくれて、しかも方向修正してくれてサンキュ♪

363 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/02 10:56
>>362
一昔前の流行語を意味もよくわからずに得意気に使ってるおっさんみたいだ、
ってことだよ。
「世の中そんなに甘くない」が口癖の、自分が一番甘えてるおっさんって感じ?

364 :変人329号:03/05/02 16:49
>>361
「私怨」との解釈は誤解である。
これは、社会への問題提起であり、風刺なのだ。

半径5mよりはずっと広い範囲の、日本国内での話をしているのだ。
オレの元々の主張は、一部上場企業の研究所でも、内情はDQNであるところが
実際にあるので、そういうところには気を付けろという主旨だ。

脱線したのは、相手へのサービス精神と、自分が楽しみたいからだ。
>>360では、ちゃんと話を元に戻そうとしているではないか。
もっとしっかりと文章読解を頑張るように!

「興奮してわめきだしたり」とは何のこと?
こんなもの、酒を飲み飲み、笑いながら余裕で書いてんだよー。
当事者以外の第三者さんたちも、ぜひゼヒ楽しんでくれるようにとの「演出」まで考えながらね!
きっと、オレの相手の330クンだってそんなものだと思うよ。(ねぇ?)

人の行動というものは強い感情があってこそ活発になるわけで、
他人の感情を揺さぶるような書き方をしてこそ、より盛んな議論ができるのだ。でしょ?

おマエさぁ、それくらいのことを読み取れないようじゃぁ、アホじゃぁ・・・
・・・いやっ、オレの演出があまりにも素晴らしすぎたので、仕方がないかぁ・・・。(苦笑)

それと、話に参加しているのは「二人」ではなくて、「三人」であることもしっかりと読み取ろうね!

あんたもさぁ、どうせなら、場が盛り上がるように、
「製薬会社―アホばかり」の議論に、独自の主張を持ってきて、ぜひ参加してくれろよ!

あんたみたいなクズは、所詮ポリシーの無い単なるアホぅなんで、マトモな議論なんかできねぇだろ?(煽り)

どうだい?オレの説明は。w


365 :変人329号:03/05/02 16:50
>>362 ・・・・・・・。特になし。

>>363
>一昔前の流行語を意味もよくわからずに得意気に使ってるおっさんみたいだ、ってことだよ。
>「世の中そんなに甘くない」が口癖の、自分が一番甘えてるおっさんって感じ?

これ全然意味のない低レベルな書き込みだよ。低知能なあんたは退場!!
(もう少しレベルの高い書き込みで、ぜひ次回挽回してきてね!)

366 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/02 16:54
http://homepage3.nifty.com/coco-nut/

367 :とおりすがり:03/05/02 19:59
>>365
やっぱ変人でつね。

368 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/02 21:56
というよりはサムいよ。
もともと対立してたやつをほっといて今度は361に噛みつくなんて、
まさに議論を無視した私怨野郎じゃん。
330はいいとしても、329はマジでやばいな。

369 :339:03/05/02 22:20
>>368
へんな煽りを入れないでくれ。329氏は全体的に煽りに弱いようなので。

329氏のいう「三人」の三人目は俺のことだと思うけど、実は俺も
361みたいなことを思ってた。
まあ、330氏の300番台前半の書き込みは「うっかり筆が滑った」程度だと思う。
それを責めてやるな、という気はする。
が、329氏よ、>364-365はちょっと頂けないよ。ご自分の意思に反して、
妙に必死な感じがしてならない。とても「余裕で書いてる」とは…
(というより、本当に余裕で書いている人が自分で「余裕で書いてる」
とは書かないと思う)。
ちょっと落ち着いてくれよ。

実際のところ、329氏の意見自体は(氏のいう通り「半径5 m以内」の話じゃ
ないのだとすれば)俺の考えてることとそれほど異なっていないのだが、
>359以降の必死な雰囲気の漂う書き込みは、361みたいなことをいわれても
仕方がないと思う。
普通の議論に戻るか、あるいは一旦議論から手を引いたほうがいいのではないか。

ま、余計なおせっかいなんだが、どうも議論として成立しなくなってきたみたい
だったんで、出てきてみた。
俺の書き込みでまた気を悪くしたらスマソ。

370 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/02 22:39
ようわからん。でも >>369 の狼狽ぶりがいい人っぽい。

371 :330:03/05/03 00:36
いや、>>369氏がいい人なのは間違いないよ。
それに、日本の企業の研究機関に対して、一部の(あるいは
大部分の)結果責任をとらない、プレゼン口先だけ中ボス小ボス
たちに対する憤りというのは、正しい義憤だと思うよ。

でも、「現状に義憤を持っている」のは正しい態度だけど、それに
感情的になりすぎて、そのアンチテーゼを取り違えてはいけない、
と思うわけでツ。
理想は「説明責任を果たして」「研究に必要十分な予算を確保し」
「それで成果を出して結果責任を果たす」このサイクルが完結しない
かぎり、研究の拡大再生産はありえない。
本当に結果責任を果たせる(つまり社会または科学そのもの、または
会社に還元可能な成果が出せる)研究ができるのだったら、予算獲得
時に少々の方便を使う(誇大プレゼンなど)というのは道義的に許容
範囲内だとは、思います。
だが、それは369さんの大嫌いな、口先だけで予算取ってきて私利私欲
保身にあけくれ、挙句の果てに、しょぼい成果を報告する日本のおとう
さんたちと、目くそ鼻くそレベルになってしまう・・・
それを「一流の科学」と定義したくない、というのが、私の青臭い理
想論。でもね。誰かが理想に燃えなければ、理想はかなわない、でしょ?
この点については369サンの同意も得られると・・・。


372 :名無しゲノムのクローンさん:03/05/03 01:41
>>371
一応チェックしとくが、369氏と329氏とを間違えてないか?

373 :余裕がないと言われている329:03/05/03 06:07
>>371
そういうふうに素直にレスされちゃうと、ここで話が完結しちゃうんだよね。

娯楽の場の一つを失わぬため、無理にでも話を展開させなきゃならない。

「理想だなんてカッコイイこと言ってるけど、どうせタテマエだけだろ?
あんたも所詮、口先で稼いでるしょぼいオトウサンの一人なんじゃないの?」

・・・こんなこと書くと、369氏にまたもや怒られそうなので、これは「うっかり筆がすべった」ということで。(冗)

>>369
相手に合わせていろいろな態度を使い分けているのさ。
議論してくる人に対しては議論で返す。バカっぽい奴に対しては自分もバカになってみせるっていうふうにね!
オレは基本的に守備範囲は広いつもりで、個性の強いクセ者・荒くれ者・ひねくれ者の相手もOKなつもり。
ある意味、寛容だというのかな。

そういう者としての見解だけれど、330氏の初期の書き込みを決して悪いようにばかりは評価していないよ。
「この人は単なる厨房なのかもしれないけれど、もしかしたら何か強く主張したいことがあるのではないか」
と察することができたわけ。何か「心」を受け止めた。(そしてご覧の通り、単なる厨房ではなかったわけで・・)

>>364なんかも、未知の相手への期待を込めて長々と書いていみたわけ。(期待に応えてくれるかな♪)

相手の書き込みの文面に、どのようにキレイなことが書いてるのかということよりも、
どのようなレスを貰っても、それを書いた者がどのような精神性・知性、また経験を持った人物なのか、
その辺りを、どんな些細で意味なさそうな言葉からも洞察しようといつも試みているつもり。

平静な心理状態で書いた当り障りの無い文章だけからは、相手の人格的プロファイルをあまり察することはできないので、
意図的に相手の感情に揺さぶりをかけたりするな。そうすると、結果的に相手のことをよく知れる。
「相手の感情のパラメーターが動かしながらデータ収集すると、多次元情報が得られる」という感じかな。

374 :329:03/05/03 06:07
(つづき)
こういう匿名掲示板は、「仮面座談会」や「仮面討論会」であるわけで、仮面の無いときとは異なる特性がある。
どこの誰だかわからない相手にあまり遠慮する必要はなく、ズバズバと個性を主張することができるわけ。
掲示板の特性をフルに活かし、実社会ではできないことをすれば、その経験は自分の幅を広げることになるのだと思う。
掲示板の中で実社会の常識に囚われた行動をしていたら、そう大したプラスにはならないんじゃないかな?

TVドラマでよく、2つの独立した話が同時進行していくみたいなのがあるじゃん?
そういうふうに、掲示板でも、マジメな議論と低レベルな煽り合いが同時進行してもいいと思うんだな。
「雰囲気」のようなものを気にし過ぎるのは、実社会のコミュニケーションで身についた、損なクセだと思う。
オレなんか「名無し」でよく、スレタイに忠実なマジメな話を進めながら、一方では同じ掲示板で荒らしを演じたりするよ。
時折、マジメな自分と荒らしの自分との間でケンカになったりすることがある。(笑)

キミは、研究観としてはオレと近いことを考えているらしいのだけれど、主張に「毒」が足りないような気がしてならない。
このような匿名掲示板で、そこまで穏健派の振る舞いだと、
実社会では殆ど何も主張が出来ない人なのではないかと危惧してしまう。
特に、大勢の間違いを一人で指摘するような、「王様の耳はロバの耳」だと言うようなことは皆目できないのではないかと思う。

でも、そのように毒が無く、他人への気配りを常に忘れないので、いい人だとの評価を受けるのだろうな。

オレはいい人でないことをこれからも楽しんでいくつもり。悪役がいてこそドラマは盛り上がるわけで。

>>368
わかった、わかった。キミが意見を持たない人だということはよーくわかった。
そうやって短い野次を外野から飛ばしていたいわけね。どーぞ、どーぞ、ご自由に。
キミにはまったく期待していませんので。でも、こうやってサービス精神で相手はしてあげるよ!

375 :339:03/05/03 14:43
いやあ、毒をお好みならもちろん吐いてもいいわけだが、専門板でそれをする意義が
よくわからない。
正直、専門板で毒を吐いたって手ごたえなんか感じないと思うのだが。
専門板が匿名である意義なんて、せいぜい「署名付きでは語れない学術的な話が
できる」程度では。「実社会の常識に囚われない」みたいな派手な役割を担うには、
少々ぬるすぎると思うぞ。
やはり329氏は興奮しすぎではないかと。

自分を制するような書き込み全てに(それこそ368程度のぬるい煽りにまで)
反応する自尊心はすごいと思うが、それは「サービス」とは違うと思うぞ。
結果的にものすごい勢いで話がそれていっている。
気に入らない書き込みは(このレスも含めて)スルーしてくれ。頼むから。

376 :370:03/05/03 18:27
>>371
>いや、>>369氏がいい人なのは間違いないよ。
あんたに聞いてない。

377 :330:03/05/07 01:24
>>375 == >>339
私も一部いろいろなところで毒を吐いているので他人のことを言えない(汗

>>330
まあいいじゃん、2chなんだし。私が自己保身と口先だけの、日本の会社の
典型のだめだめおとうさんの一人だとしても、そうやって永らえた研究テーマ
のおかげで将来大きく成長する若い人が、私の下なり斜め下あたりから出てくる
のだったら、それもいいかな、と。
こんな調子できれい事を自動的に延延と吐き続けるのも、時には役に立つかもね。

>>370
いえ、私に聞くべきでしょう。

378 :山崎渉:03/05/21 23:44
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

379 :山崎渉:03/05/28 14:42
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

380 :山崎 渉:03/07/15 13:13

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

381 :山崎 渉:03/08/15 19:22
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

382 :名無しゲノムのクローンさん:03/09/03 00:25
んで、おまいらの仕事はなんなのだ?

383 :名無しゲノムのクローンさん:03/09/16 00:14
age

384 :名無しゲノムのクローンさん:03/09/20 22:55
この板はどいつもこいつもイタい奴ばかりだな。
まあ医学部に入れず、せいぜい如何句終止どまりのアホばかりってとこか?
わかりきったこととはいえ、スレタイの正しさがここまで証明されるとはかえってむなしいもんだな。


121 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)