5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【今こそ】沼研伝説【語れ】

31 :努力は無限:03/09/26 01:09
http://cell.mfour.med.kyoto-u.ac.jp/new-pub/Zuisou%20txt2.html

 その1:論文は外国に遅れたらしまい。1日でも早く投稿すること。
そのためには,出来上がった原稿を火曜日の午後1時までに大阪中央郵便局
に持参し,窓口で今日の便に間に合いますかと確かめて投函すること,
そうすればその日の夜の便でロンドンに水曜日には到着し木曜日にはNature
のオフィスに届く。万一遅れても金曜日には着くのでその週にまにあう。
 その2:新婚旅行は止めること。それで外国にまけたらどうする。(ただ
し,野田さんは沼先生にこう言われたにもかかわらづ,新婚旅行に行ってし
かも外国にも負けませんでした。ありもしない competition をつくりださ
れるのだそうです。)
 その3:研究者は24時間研究者,夜だろうが日曜だろうが,実験をするの
が当然。従ってそういうときに家にいるとよく沼先生からよく電話がある。
 その4:論文の英語表現は必ず先例にしたがうこと。「それどこに例があ
りますか」と言うのがペーパーワークでの沼先生の口癖でした。
 その5:ペーパーワークに睡眠なし。夜中の3時か4時頃ようやくデスマ
ッチがおわり,かえって寝られるかと思いきや,「君は今から文献やって,
明日朝9時には秘書さんにこれとこれやるように指示しとけよ。」など
のお言葉があり,沼先生は午後から出勤される。


12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)