5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

X線回折の角度

1 :名も無きマテリアルさん:02/02/17 18:10
X線回折の角度のデータが載っている
本はありませんか?
硫酸カルシウムの回折角度の文献値を調べたい
ので、どなたか教えてください。

2 :名も無きマテリアルさん:02/02/17 18:21
>>1
おいおい。
自分で計算しなきゃ、あるわけね〜だろ。
未知数が一個(λ)未定なんだから。

ってか、単発でスレ立てるような質問か?

3 :名も無きマテリアルさん:02/02/17 18:51
ASTEMは?

4 :2:02/02/17 20:28
>>3
おいおい。
ASTMに「角度」は載ってないよ。

ASTMに載ってるのは、角度じゃなくて面間隔と相対強度。
角度は、自分が測定した系のλを入れて計算しなければ出ない。

それとも、最近は、代表的な管球のλを入れて計算したデータがASTMに記載されるようになったのか?
俺が知らないだけなのか?
もしそうなら解説希望>>3

5 :ゾルとゲル:02/02/17 21:57
エクセルだと
=(360/PI())*ASIN(λ*0.5/X)
といれると(λは波長、Xは面間隔)できる。

6 :名も無きマテリアルさん:02/02/17 23:47
雰囲気的に>>1は「角度」に拘っている訳でなく、JCPDSカード
とかASTMカードのことを聞きたい気がする・・・。>>1は単発
スレ立てないで、何故にこっちに書かない?
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/material/948846520/


7 :結論:02/02/18 06:29
X線回折の角度のデータが載っている本は無い。以上



■■■■■■■■■■■■終了■■■■■■■■■■■■■

8 :総括:02/02/18 21:49
うちのX線回折装置のパソコンには、解析ソフトと一緒に検索したい材料のd乳と回折角度が一緒に載ってるやつがあったYO。まあ、2さんの言うとおり、線源のλとか入力せなんけどね

9 :名も無きマテリアルさん:02/02/18 22:30
30度くらいだ。

10 :>9:02/02/18 22:38
へー

11 :2:02/02/19 09:11
>>6
うん、俺もそうだと思ったんだけど、XRDのピークサーチって一昔前からコンピュータ化されてるじゃない?
Basicとか使ってるとこも多かったと思う。
実は研究室で使ってたXRDは管球がCu Kα一本だったから、そのBasicプログラムはλがCuの波長一本に決め打ちされてたんよ。
だから、ASTMカードだけで角度が出ると勘違いしてる人が結構身の回りに多かった。
あるいはASTMカードに記載された管球じゃないと角度が変わると思ってる人とか。(だからdで載ってるのに。)

そういう経験があったし、安易にここで回答を求める姿勢にも疑問を感じたんで、敢えて、ちょっと斜めからレスをつけてみました。


12 :名も無きマテリアルさん:02/02/19 09:54
>>11
6だけど、その姿勢OK!

・・・最近はカードを見たことの無い人の方が多いかも。

13 :南アルプス金鉱探査センター:02/02/22 23:42
>>3
http://www.geol.uni-erlangen.de/html/software/winsoft.html
のなかの、
Theta というソフトを使ってみたら?

14 :南アルプス金鉱探査センター:02/02/22 23:55
ついでにいえば、
http://www.geol.uni-erlangen.de/macsoftware/macdiff/
のなかの、MacdiffというMacintosh用X線回折結果解析ソフトでも、
CuKαでの2θの角度はアウトプットされる。
私のサイトのBBSでもずいぶん前に紹介してあるよ。

15 :名も無きマテリアルさん:02/02/23 11:51
>>1
立て逃げ?

この板でも、最近多いな。
気分悪〜い

16 :南アルプス金鉱探査センター:02/02/23 14:32
そういや、よく読めば、
>>1
は、硫酸カルシウムの角度を教えろ、ということですね。
手元にこんなデータは腐るほどある。
CuKαで、40度以下までは、
硬石膏 CaSO4
2θ d値 強度
22.926 3.876 6
25.363 3.509 100
28.540 3.125 4
31.372 2.849 35
31.923 2.801 4
36.262 2.475 8
38.592 2.331 20

石膏 CaSO4.2H2O
2θ d値 強度
11.671 7.576 100
20.768 4.274 50
23.376 3.802 20
28.176 3.165 4
29.178 3.058 55
31.097 2.874 25
32.107 2.786 6
33.395 2.681 28
34.594 2.591 4
35.427 2.532 1
35.891 2.500 6
36.634 2.451 4
37.379 2.404 4

あと、半水石膏という鉱物のデータもあるけれど、
「立て逃げ」でないのなら、教えます。

17 :南アルプス金鉱探査センター:02/02/24 13:23
粉末X線回折試験の鑑定(鉱物同定)は、
当センター
http://www.asahi-net.or.jp/~sf6j-iskw/exp/akaisi.htm
までご相談ください。お安くしておきますよ(笑)

18 :名も無きマテリアルさん:02/03/16 21:51
今じゃ 何でも電子化されて
JCPDSを何十枚もコピーして
一つ一つ 当てはめること
しないのかしら・・

19 :名も無きマテリアルさん:02/03/16 22:07
>18
しません

20 :名も無きマテリアルさん:02/03/16 23:16
>>18
当時、どうやって比較されてました?

うちは、JCPDSのデータを入力すると、角度換算するソフトをN88で作って、
その出力データをN−Graphで、チャートと同じスケールになるように打ち出し、
それをトレペにコピーしてJCPDSのコピーと一緒に保管してました。

使うときは、チャートにそのトレペを重ねていって、見比べてました。
今思うと、めっちゃ面倒なんだけど、それでも当時は、パソコンって便利だなあと思ってました。


21 :名も無きマテリアルさん:02/03/17 07:03
>20
18ではないが懐かしいの。90年頃には折れもそうしてたよ。
(駄スレなのでsage, XRDについては下記スレが良い鴨)
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/material/948846520/

22 :名も無きマテリアルさん:02/03/18 08:09
未だにやってるうちの大学っていったい・・・

23 :X線装置屋:02/04/03 20:15
>>22
それはそれで教育的でよろしいのでは。装置の自動化されている部分はちっとも頭にはいらないからね。
まあ、レコーダーチャートを切り取って天秤で量ってピーク積分強度を求めろとまではいいませんが。
(昔はそうしてたのよ〜ん、年がばれる?)


24 :名も無きマテリアルさん:02/04/07 09:54
>>14
macdiffをダウンロードしてみましたけど、便利そうですね。
Windowsでこれだけ高機能の類似ソフトってありませんか?
現在、Excel使って、実験データと手で入力したJCPDSのデータを比較して
同定作業をするという、原始的な方法をしています。

25 :Hiroshi:03/05/16 22:12
JCPDSっていつの話してんだ。今はICDDっていうんだよ。格子面間隔、回折角度、
強度、使用波長なんて全部書いてある。

26 :名も無きマテリアルさん:04/05/11 13:32


7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)