5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

接合技術

1 :名も無きマテリアルさん:02/10/04 22:54
Copyright 2002 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.
 日立製作所 日立研究所は、このたびこれまで接合が困難とされてきた、性質の
大きく異なる異種金属材料の接合を、摩擦攪拌接合を利用して簡易に接合できる
技術を、開発しました。アルミニウムと銅、またはアルミニウムと鉄といった性質の
大きく異なる金属を接合した場合でも、アルミニウム同士を接合した場合の強度に
近い接合強度であることを確認しました。

 摩擦攪拌接合は、接合する二つの接合材料の接合面にボールペンほどの金属棒を
回転させながら挿入し、これを回転移動させ、接合材に摩擦熱を生じさせて、金属棒の
回転作用で二つの接合材を繰り返し攪拌・混合して接合する技術です。この接合技術
は、アーク溶接やレーザー溶接とは異なり、材料を高温で溶かす必要がなく、接合後
の変形もアーク溶接の1/10以下と極めて小さく、かつ接合欠陥が極めて小さいため
、製品の低コスト化と高品質化を実現できます。

 今回、当研究所が開発した接合技術は、摩擦攪拌接合技術を応用したものです。
金属棒を変形抵抗の小さい、つまり低い温度で水あめ状態になりやすい金属材料側
だけに挿入し、水あめ状態になった金属材料を、金属棒の回転作用で接合させる
材料の接合面に押し付けて接合させる技術です。この技術では、異なる2種類の金
属を混合させることなく接合できるため、金属を混合することによりできるもろい性質を
持つ合金の発生を防ぐことができます。このため、例えばアルミニムと鉄の場合でも
、アルミニウム同士を接合した場合と同等の引張り強度が得られ、高い品質で接合
できることを確認しました。また、銅とアルミニウム、鉄とアルミニウムの他にチタニ
ウムとアルミニウム、マグネシウムと銅など広い分野の異種金属材料が接合できる
可能性があります。また、長さ50cm程度の長尺材でも比較的容易に接合できる
特長があり、これを様々な形状に加工できます。今後、さらに接合部の強度を高める
など技術の信頼性を高め、幅広い分野への応用展開を図って行く予定です。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=32547

色々と楽しめそうな予感

2 :名も無きマテリアルさん:02/10/04 22:57
( ´_ゝ`)フーン

3 :名も無きマテリアルさん:02/10/04 23:01
( ´_ゝ`)接触抵抗とかどうなのかな?

4 :名も無きマテリアルさん:02/10/04 23:05
( ´_ゝ`)異なった材質がつけられること自体が凄いんであって抵抗とかは関係ないと思われ。

5 :名も無きマテリアルさん:02/10/04 23:33
(゚Д゚)ハァ?
アフォですみません。

6 :名も無きマテリアルさん:02/10/05 00:08
FSW

7 :名も無きマテリアルさん:02/10/31 04:27
この技術はどう応用されるんだ?

8 :名も無きマテリアルさん:02/10/31 13:04
日立で新幹線の車体とか作るのに使っているよ.
その辺の話は日立の○村さんが詳しい.
この技術の最大の問題点は,基本特許をイギリスに押さえられているのがいたい.


9 :名も無きマテリアルさん:02/10/31 13:58
Friction Ster Welding

10 :名も無きマテリアルさん:02/10/31 14:15
鋳造材もいけるかな?

11 :名も無きマテリアルさん:02/11/01 13:29
鋳造材もいけちゃいます.

12 :名も無きマテリアルさん:02/11/01 23:05
でも異種接合、展伸材+鋳造材みたいなやつって何のメリットがあるのだろう?
でもって、硬さのデータがないのはどうしてなんだろう・・・

13 :名も無きマテリアルさん:02/11/17 00:43
摩擦攪拌接合を研究している大学ってのはあるの?

14 :名も無きマテリアルさん:02/11/18 23:21
大学でFSWやってます!!

15 :名も無きマテリアルさん:02/11/19 23:42
TWIのホームページを見たれ

16 :ななしー:02/11/21 13:08
これって、新聞で言ってたほど強度ないらしいよ。
異種のFSW(こっちの話はFDWになるのか?)自体、
実用的な強度はまだまだ難しいらしい。

17 :名も無きマテリアルさん:03/08/27 10:55
拡散接合について詳しい方いますか?

18 :(・e・)/:03/08/28 07:00
>>1 > 異種金属材料の接合を、摩擦攪拌接合を利用して

摩擦攪拌接合 → 「摩擦溶接機」なぁ〜んて、
数十年も前から実用化していて、
自動車エンジンの、キノコ弁の製造に、
使われていたと思うのよね。

何〜で今ごろ、「新技術」なんか、よう分かりまへんな。

19 :名も無きマテリアルさん:03/09/24 05:48
そーなの? 最近のだとばかりオモテた

20 :名も無きマテリアルさん:03/10/15 20:52
>>18
アホかお前は

21 :名も無きマテリアルさん:03/10/15 22:34
こんな可愛い子が・・・
http://www.nukix.net/index2.html

22 :ガイシュツ ◆atMKiSyUTU :03/10/18 21:56
そういや、リア消かリア厨だった頃、なるほどザワールドで異種金属を
両側からダイナマイトの爆発で押さえつけて接合させるとか言うけっこう
とんでもない方法が紹介されてたが…
確か冠スポンサーの旭イヒ成の実験だったはずだが


23 :名も無きマテリアルさん:03/11/21 19:13
爆発圧接ですな

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)