5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「質量」ってさー結局何なの?

1 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/11/26 17:04 ID:eal1P7f9
まじワカンネー

2 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/11/26 17:21 ID:???
>>1
'`,、('∀`) '`,、

3 :十二使鳥:03/11/26 17:26 ID:p/0dw/h5
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
人々は宇宙を途方もなく大きいものだと認識していますが、実は宇宙は
とても小さいものなのです。
 ネズミは人間から見れば小さな生き物ですが、ダニにしてみればネズミ
は大きな生き物です。そしてダニから見た人間は途方もなく大きなものな
のです。その途方もなく大きな人間も鯨から見れば尻尾の先でしかありま
せん。その鯨も・・・
 実はこの宇宙というものは神様の鼻くその一部でしかないのです。

 【我々人間は大きいものを大きいと認識して、小さいものを小さいと認識
していますが、果たしてそれらは真に大きいものであり、真に小さいもの
なのでしょうか?】

4 :十二使鳥:03/11/26 17:27 ID:p/0dw/h5
まず 【この世は有と無から成ります】
、何も無い空間。その空間には大きさも重さも何もありません。
全ての【認識は不可能】です。
次にその何も無い空間に一点の有(物体、個体)をイメージします。
そこから【認識は始まり】ます。

無(空間)は有(物体)に働きを与え、有は様々な現象、実像を起こします。
一点の有には一方向の時間(無)という実体の無いものの働きにより運動
(有、変形)が起こります。
時間を宿した有はやがて二方向の実体のないものの働きによりAとaの
二点に分裂(有)されます。
Aとaの分裂は新たなる個々の時間の発生を意味しますが、同時に一つ
の全体の時間というものにAとaは繋がれています。

5 :十二使鳥:03/11/26 17:27 ID:p/0dw/h5
大きさにしても重さにしても【量は二点で決まります】
二点の内の一点(基準)は我々個々に存在しています。
その(人間)基準から見れば宇宙は間違いなく大きいものなのです。

 【我々人間は大きいものを大きいと認識して、小さいものを小さいと認識
していますが、果たしてそれらは真に大きいものであり、真に小さいもの
なのでしょうか?】
この愚問には基準が存在していません。量の認識は不可能。


http://aa4a.com/chichannel/
8/29【2千5百年の眠りから】
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

6 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/11/26 17:30 ID:???
おっけー。

つまり君が普通に道を歩いていたとする。
前方不注意で、剛体と衝突してしまった。

慣性質量がせいぜい数十キロくらいなら、多少痛がるだけで済むだろうが、
慣性質量が∞で、運動エネルギーが全て衝突によって失われるとしたら、
君の身体は粉微塵に砕け散るかも…知れない…

7 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/11/26 17:55 ID:???
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
     / ''''''     ''''''   ヽ
     | (●),   、(●)   |
    |    ,,ノ(、_, )ヽ、,,     |  
    |    `-=ニ=- '      |
     !     `ニニ´      .! 
      \ _______ /  

8 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/11/26 18:03 ID:???
また無真系スレで酢化?

9 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/11/26 18:16 ID:uxEebXBu
質量は引力のことだよ

10 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/11/26 18:18 ID:???
四元ベクトル(E,p)の長さだよ


11 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/11/26 18:27 ID:???
ヒッグス粒子の結合定数だよ

12 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/11/26 18:28 ID:KzKmXJhM

ヒッグス場って重力場のことだろ?

13 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/11/26 19:29 ID:???
ヒッグス粒子は発見されてるの?

14 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/11/26 20:45 ID:???
まだ

15 :十二使鳥:03/11/30 16:49 ID:3yDPrUvG
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
時(運動)は流れて変化(分裂、融合)を生じます。
質量。つまり重力ですが、これも電磁、光熱などと同様に【宇宙の変化
の一環】に他なりません。宇宙ではこの重力という実体の無いものの働
きにより分裂と融合が行なわれます。
 【重力といのは対天体に働く二つのベクトル↓↑です】 
現在物理学では重力には引力しかなく、反重力はないとされていますが
これは誤りです。
A水蒸気 a地球
B熱気球
Cロケット
一般にはABCの動きを反重力とはいいません。例えばBとCではまるで
別物の力の働きだとしてみてしまいますが・・・確かにその通りです。
しかし別物と認識するにはB対C、C対Bであり、対aつまり対地球的な視
点ではないのです。重力の考え方は対地球的でなければなりません。

16 :十二使鳥:03/11/30 16:50 ID:3yDPrUvG
人はロケットをロケットとして認識しますが、そのような認識を必要とす
るのは人位なものです。宇宙の原理を知るにはそのような認識は必要
ではありません。対地球的な視点に立てばロケットも単なる物体(個体・
有)でしかないのです。そしてその物体と地球の関係は二つのベクトルに
よって成り立つのです。
 引力が発生するには必ずその反発力(反重力)が存在します。雨が降る
には水蒸気となって上がった過程があります。リンゴが落ちるのはリンゴ
の木が引力に逆らい成長し、地中の水分を吸い上げた結果なのです。
数式にしてもプラスとマイナス。熱気球だから、ロケットだからといって地
球との関係に特別な数式は必要ないのです。
 現在の物理はこれらの考え方を無視していますが果たして無視してい
いことなのでしょうか。物理では電磁と重力はまったく別物でまるで統一
できないというようなことを聞いたことがありますが・・・どちらもこの宇宙
の変化の一環なのです。
http://aa4a.com/chichannel/ 8/29【2千5百年の眠りから】
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

17 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/11/30 16:53 ID:???
>>2->>14で解決

18 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/11/30 17:04 ID:X8sSQf/5
(´・∀・`)ヘー

19 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/11/30 17:39 ID:e0R0Qxic
動きにくさ

20 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/01 06:46 ID:???
>>19
着目しているマーキング地点と質量中心との違いとが、
一番大切だけどね。

マーキング地点がどんなに軽快に動いても、
質量中心が動いていなければその物体は重いから。


21 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/05 23:37 ID:???
引力が空間の歪みによる位置エネルギーという説が正しければ
質量はどれだけ空間を歪めるかってことだな


22 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/06 00:01 ID:YV+IJHMv
(゚ 」゚)へ〜〜

23 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/06 01:30 ID:???
>>15-16
インフレーション理論、ダークマター、λ項のことでも語りたいのでしょうか?
そのまえに熱・統計力学の本でエントロピーの勉強をすることをオススメします。


24 :ご冗談でしょう?名無しさん :03/12/06 02:29 ID:BFtAIQw6
質量と空間に因果関係があるの?
空間は時間と位置との相対関係に過ぎない。
ということで仮に空間が無限少だと時間がゼロ,質量は無限大。
今の世の宇宙の空間が広がりつつだと時間も経過し,質量は縮小って方向にと?
ということは空間が小さくなれば時間逆転現象ってことか・・
よくわからんぞ?




25 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/06 02:59 ID:BFtAIQw6
絵画,自然は質量,空間あってこそ
生き物の思考,感情は時間の産物かもしれん。
今は質量,空間,時間の関係がアンバランスだから進んでいるのか?



26 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/06 13:46 ID:kDZh0iMZ
世界の誰もわかりません。今のところ。

27 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/06 13:51 ID:mgRr2rv4
質量 = エネルギーのひとつの形態

28 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/06 16:41 ID:???
質量って重さの原因になるものって考えていいんじゃない?

29 :だろ?:03/12/06 17:56 ID:???

エーテルによる抵抗力のことだろ?

30 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/06 21:53 ID:tmGoF5sf
>>16
あがった分落ちるんだって言いたいのか?
じゃあ、隕石はすべて地球から上がったんだな?
月や火星や木星はたまた太陽系の外に行ったもろもろの観測機分は重力が強くなっていくのか?


31 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/06 23:31 ID:F0rU9Y8F
宇宙の空間の広がりと伴う時間のリズムにズレた運動が
エネルギーとなるのかも。
そのエネルギーとなる理由も宇宙の空間と時間の広がりのリズムに
収束されるがゆえか?
時間,質量,空間の関係が均等になった世に意味があるのかなあ。


32 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/06 23:56 ID:F0rU9Y8F
たった今、思った。
時間に始まり,終わりがあったらその時点で質量,空間は存在せん。
同じく、質量,空間とも。
実際時間,質量,空間は存在するのだから
時間の始まり,終わりは無いと酔った俺が証明しましたど!


33 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/06 23:58 ID:k7r/U6q6
>>32
循環論法ですか?

34 :ワロウタ:03/12/07 00:04 ID:???
>時間の始まり、終わりは無いと酔った俺が証明しましたど!

ワラワラ

35 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/07 00:28 ID:oFXgwKyC
>>32
難しいことわかりません。
>>34
通りすがりで昨日から面白かったので参加させてもらいました。
この分野に経験無いんで幼稚なカキコだったかかも。
モーヲタなんで狼板へ戻ります。では。

36 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/07 00:52 ID:???
大辞林 第二版 (三省堂)

たいぐう 【対偶】

(名)スル

(3)〔数・論〕〔contraposition〕一つの命題「 p ならば q である」に対して、
その後件の否定を前件とし、前件の否定を後件とする命題「 q でなけれ
ば p でない」をいう。ある命題が真ならば、その対偶も必ず真である。

>>32さんはこれをしたかったのではないかと推測。ただ惜しくもpが前半
と後半で異なるため証明に失敗したようだ。

37 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/07 01:10 ID:uEBxusuB
あとタイムマシーンは不可
時間は経過するもの。マイナス無しの存在が時間。
過去に戻るなんていうけれどその戻る行為で経過(プラス)が
発生してしまう。
ということは時間の経過と伴う空間の膨張はこの世の絶対法則。


38 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/07 01:14 ID:???
>>37
時間に関して対称性が破れている素粒子反応もあるしね。

39 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/07 01:15 ID:uEBxusuB
>>36
スマソ
10回ほど、読みかいしたが分かりませんでした。

40 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/07 01:21 ID:???
>>39
もし対偶によって証明したいのなら

「時間に始まり,終わりがあるならその時点で質量,空間は存在しない。
実際時間,質量,空間は存在するのだからその時点には時間の始まり,
終わりは存在しない」と推論する事になる。

あったりめーなんで読んでも面白くないが。

41 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/07 01:45 ID:uEBxusuB
>>40
あんがとです。文面を組み替えてくれて分かりました。
自分は場違いなようなので、狼板へ撤収。では

42 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/25 23:31 ID:???
キログラム原器以外の実用的な質量の定義はないだろうか



1秒は、
セシウム原子のある定められた条件の下で放出・吸収される電磁波が
9,192,631,770 回振動する時間を、1秒と定義されている。
1mは
299792458分の1秒に真空で光が移動する距離

こんな感じにスパっと定義できんかな・・・

43 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/27 01:44 ID:/uIC+gQC
質量の議論で時間まで関係してしまうのね。

44 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/27 01:47 ID:???
>>42
空間のゆがみの大きさで定義するのはどうでしょうか。

45 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/27 02:12 ID:???
>>42
キログラム原器の質量を1kgとする、とスパっと実用的に定義されてますが、何か?
キログラム原器みたいなマクロな物体で定義するのでなくミクロなもので定義
できないか、ということならまさに検討中のはず。電子の質量を基準にするなど。

>>44
単位の基準はなるべく誤差の少ない測定ができるものが望ましい。空間のゆがみの
大きさは測定が大変に難しく、単位の基準にはしづらい

46 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/27 02:36 ID:???
素粒子のパラメータを基準に取るのは賢いでしょうね。
電子や陽子に"個性"は無いから。

47 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/27 13:47 ID:D047napd
ん?炭素原子1モルの質量を12gと定義すればOK

48 :最初の質問、1にある程度答える。:03/12/27 14:20 ID:16EtL3bu
世界の誰も質量とは何か、ということに答えられないし、相対論や
素粒子の理論が進歩するにつれてその概念が変わっていく事は確かなんだけど、
次のように考えると初心者のもやもやした部分のいくらかはすっきりすると思う。

*質量に限らず、時間とか、力とか、物理で使われている「言葉」(概念)
の「全て」は、「ではそれは何なのか」といわれても誰もが本質的には定義できない。

*ところが、物理が空想と違うのは、例えば「時間とはなにか」ということを
誰もが説明できないものでありながら、「時間を測定する」ということは万人に
とってあいまいさのない方法で決められるという点だ。42にあるとおりだ。
42は、「時間の定義」、「時間とは何なのか」、というものへの答えではなく、
「1秒と言う時間間隔をどうあいまいさなく測定するか」の取り決めだ。

*質量を例に取ってみよう。ここに一個のボールがある。これを地球で持ち上げ
ようとする時と、月に行って持ち上げようとする時と、筋肉に感じる「重さ」は
全く違う。だが、同じボールが、地球にある時と月にある時とで別のものに
なってしまったのだろうか? たぶんそうではなく、昔の人は次のようにまず
考えた。ボールは、宇宙のどこへそれをもっていったとしても、とにかく「質量」
という、ある量を持っている、と考える。そして、質量とは何かと言うことに
答えていないにもかかわらず、基準となるものをひとつ(例えば水1cc)が 
1gという質量なるものを持っている、と決めてしまうのだ。

*すると、天秤で何CCの水とつりあうか、という測定をすると、ボールや他
のあらゆるものがもっている質量の大きさが他の人にあいまいさなく決められる。
地球上で100ccの水とつりあったボールは、月に行っても、(水とボール
両方が軽くなるので)やはり100ccの水とつりあうはずである。
質量とはなにか、ということには答えていないにもかかわらず、
この物質はどのくらいの質量をもっているか、ということはあいまいさなく
決められるのである。


49 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/27 14:27 ID:???
>>47
それはむしろ1molの定義


50 :最初の質問、1にある程度答える。:03/12/27 14:33 ID:16EtL3bu

*水1ccをキログラム原器その他に変えるのはもっとあいまいさなく
測定基準を決めようというだけで、本質的なことではない。
すべて、言葉を定義しているのではなく、測定のしかたを定義している
だけだ。

*慣性質量と重力質量、また相対論や今の素粒子で概念そのものが
進歩してきたのは、また別に勉強すればいい。

*力、という概念だって、「物体の運動を変えようとその物体に
働くもの」という説明は力の「定義」なのではない。
古典力学では、「物体と接触していたら、とにかくこういう大きさ、
こういう方向の「力」なるものが働くとせよ、これには万人が
あいまいさなく決められるルールがある、そして運動方程式をたてれば
実験と常に一致する結果が出る」ということでよかった。
それが素粒子の世界になると力とはなにかについてまた別の考えが
でてくるが、次のことは変わらない:

*すべての物理上の概念は上の質量や時間と同じで、「定義できないが量の
測定はあいまいさなくできる」というのが本質である。これによって
思考は伝達可能になる。概念そのものは時代とともに進化するけれど。

51 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/27 16:43 ID:ZkqzkII0
E/c^2

52 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/27 16:44 ID:???
相対論的質量なんて(ry

53 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/27 20:35 ID:???
>>49
それを逆にしようって提案なんじゃないの
例えば1mだって、子午線の長さから決めたのに
絶対的な数値でも無いのに、あとから変更しちゃったでしょ。

54 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/27 21:37 ID:D047napd
6.02214199 × 10^23個も原子数えるのめんどくさい
中性子数をそろえるのめんどくさい

55 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/27 21:49 ID:LMh6fgFx
周期を9192631770回も数えるのも面倒くさい

56 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/27 22:35 ID:???
誰か工学畑の奴が紛れ込んでない?

57 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/28 01:10 ID:gaKCeN87
デ、結局のところ
質量と時間,空間の関係は?



58 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/28 05:39 ID:???
ローレンツ変換のもとで不変>質量

59 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/28 08:09 ID:???
それは不変質量の定義?

60 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/31 21:07 ID:NyWY8mQ8
重力質量=慣性質量、って電子レベルで確かめた人いますか?

あるいは、中性子の慣性質量>水素原子の慣性質量、だけど
中性子の重力質量>水素原子の重力質量、を確かめた人いますか?

61 :名無しのゴンベェ:03/12/31 22:11 ID:r7pG03Yr
全部読ましていただきましたが、結局今わかっている段階での質量ってなになんですか?


62 :ご冗談でしょう?名無しさん:03/12/31 22:19 ID:/SSCb7Qq
エネルギ

63 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/01/01 05:00 ID:JKo5ZyMX
>>57
時空間なんて質量の上に乗っかてるようなもんよ。
>>61
速度vじゃなくて運動量mvじゃないといけないわけがあるんでしょ。

64 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/01/01 16:31 ID:???
>>60
知ってどうするつもり?

65 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/01/01 19:55 ID:???
空間を歪ませる度合いかな。

66 :フーリエ:04/01/01 23:53 ID:Pya+LX/p
ボゾン(スピンが整数の粒子)に限って云えば、クライン=ゴルドン方程式の中で、
(微分されてない)波動関数の項の係数がm^2、つまり質量の2乗。つまり質量とは、
(微分されてない)波動関数の項の係数である。
なお、クライン=ゴルドン方程式とは、アインシュタインの関係式、E^2 = m^2 c^4 + p^2 c^2 を量子化したもの。
クライン=ゴルドン方程式には、波動関数の時間による2階微分項、波動関数の空間による2階微分項、それに、前述した微分されない項、以上3項が存在。
これではとても説明とは言えない? そうですね。

まあ、場が振動するにあたって、場が強いバネで原点からつながれているなら、振動がしにくい。
このバネ定数みたいなものが、質量にあたる。
まだ説明不足ですね。また後日、書いてみます。


67 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/01/02 00:10 ID:79O8NrCC
エネルギーを運動量で微分しれ。

68 :182:04/01/02 11:04 ID:ftl6lqai
>>64

重力もクーロン力もニュートンポテンシャルに従うけど、
なんで二種類に分かれたのかなーって考えたのよ。

2粒子の運動量が衝突の前後でどうなるかっていうと、
ビリヤードの球みたいに、粒子の運動量→粒子の運動量になる場合と、
車の正面衝突みたいに、粒子の運動量→粒子の内部エネルギーになる場合と
二種類あるけど、この二種類と上記の二種類が対応するのではと考えてみた
のよ。つまり、粒子の運動量→粒子の運動量の場合は重力に寄与して、
粒子の運動量→粒子の内部エネルギーになる場合はクーロン力に寄与すると。

もしそうなら、クーロン力は粒子の内部構造に寄与するはずで、実際、
粒子=水素原子とおけば、水素原子の内部構造は陽子と電子のクーロン力
で与えられてるわけで、水素原子は重力質量を持っても、電子や陽子は
重力質量を持たないなんてことが予想されちゃうわけよ。

中性子についても、慣性質量は水素原子よりちと大目だけど、大目の分が
粒子の運動量→粒子の内部エネルギーみたいな経緯で生まれたものなら、
その分は重力質量を持たないことが予想されるわけ。

水素原子では、慣性質量=重力質量でいいけど、
中性子では慣性質量=重力質量でない場合、
中性子を含む原子もまた慣性質量=重力質量でなくなってしまう。
その場合、慣性質量=重力質量として計算される重力半径なんかは
修正を迫られることになるなーなんて考える今日この頃なわけ。

69 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/01/02 13:08 ID:???
電磁質量論者ですか。あらわれる時代を間違えてますよ。

70 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/01/02 13:21 ID:???
質量って、空間との接合力でしょ?

71 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/01/02 13:28 ID:???
えせ物理の特徴:新語を連発する

72 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/01/02 13:28 ID:8qiFwC1w
>>68
はちゃめちゃ
読んでてはずかし。

73 :フーリエ:04/01/02 14:23 ID:K+2Z01/G
 >66 のフーリエです。質量とは何かの解説。
 素粒子、ここではボゾンの1つである光子とする。さて、「場」とは宇宙空間
すべてに広がっている海のようなもので、場が振動すると粒子として見える。
すなわち、海面に波1つたたないと「何もない(=真空)」と思われ、波が立つと
「粒子がある(光子がある)」と思われる。
 この場が標準海面(0値)からずれるとエネルギー(正しくは「作用」)が上がる。
かつ、この場が空間的に変動しても、また、時間的に変動しても「作用」が上がる。
この3要因の合計が粒子の「作用」。そこで上記の第1の項の係数が質量。
つまり、作用の0値からのずれとエネルギーの間の係数。つまり、バネ係数にあたる。
(正しくは、質量の2乗がこの係数、バネ定数だが、それはどうでもよい。)
 この作用を種々の設定の下で最小にする、という要請から
クライン=ゴルドン方程式が得られる。これはシュレーディンガー方程式の
兄貴分。普通は場の作用量よりもクライン=ゴルドン方程式の方が有名だが、
やはり、場の作用量における質量の役割を語る方がわかりやすいね。


74 :フーリエ:04/01/02 14:27 ID:K+2Z01/G
上記訂正:
つまり、場の0値からのずれの2乗、と、作用の間の係数。つまりバネ定数。

すいません。

75 :ご冗談でしょう?名無しさん:04/01/02 14:43 ID:???
オナニーはよそでやってね

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)