5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆ノスタルジー 【古〜い望遠鏡の名前】 イカロス ☆

1 :のすたるじ:03/09/03 20:35
昔の望遠鏡・・・、特に6cm屈折とか、なんだか名前がついていたような記憶があります。

198x年頃の記憶では、
 ビクセンの最廉価4cm屈折経緯台:イカロス
 同15cm反射経緯台:タイタン
とか、
 ミザール6cm ガニメデ
 同6.8cm カッシーニ
とか、
 タカハシ 10cm反射 コメットI型
とか・・・。ほかにもいっぱいあったと思うのですが、思い出せません。

そんな望遠鏡の名前とかスペックについて語りませんか。

■ 私が小学生の頃使っていた、ミザール製6cmF13.3屈折経緯台(フォーク式)
 の名称が思い出せません(198x年頃)。誰か知ってる人いませんか?


2 :名無しSUN:03/09/03 20:48
>ミザール製6cmF13.3屈折経緯台(フォーク式)
エースかメシエかアルコアじゃない?

3 :のすたるじ:03/09/04 00:12
>>2
>エースかメシエかアルコアじゃない?

 いや、もう少し新しいと思うのです。
「エウロパ、カリスト、ガニメデ、カッシーニ、・・・」とかいう
惑星・衛星系の名称シリーズだったような気が・・・。

 付属のアイピースが F8,F12.5,F25 という形式不明のプラレンズ・プラ筒
で、微動なしフォーク式(カタログにはヨーク式とか書いてあったような記憶もアリ)。

 上級機は今もあるK型微動付経緯台、という時代のものです。


4 :名無しSUN:03/09/04 00:41
シリウス


5 :名無しSUN:03/09/04 07:30
コスモメイト

6 :名無しSUN:03/09/05 02:16
ビクセン・シグナス
ミザール・カイザー

7 :名無しSUN:03/09/05 02:57
ビクセン スフィンクス

8 :名無しSUN:03/09/05 06:03
タカハシ スペースボーイ(プッ 。

9 :名無しSUN:03/09/05 07:07
ビクセン オズマ/パルサー/イカルス/イカルスD

10 :名無しSUN:03/09/05 10:03
アルテア15

11 :名無しSUN:03/09/05 10:27
ポラリス

12 :名無しSUN:03/09/05 11:35
ファミスコ60S

13 :名無しSUN:03/09/05 13:10
南極2号

14 :名無しSUN:03/09/05 14:26
高橋
ティガール

だったか?忘れた・・・・

15 :名無しSUN:03/09/05 15:32
労働1号

16 :名無しSUN:03/09/05 16:11
伽ス

17 :名無しSUN:03/09/05 18:19
アストロLNシリーズ。
10センチの反射赤道儀を小遣いためて
やっと買った。シンクロナスモーターは
買えなかった。

18 :名無しSUN:03/09/05 18:59
サスケ

19 :名無しSUN:03/09/05 20:24
そんなのあったか?

20 :名無しSUN:03/09/05 20:28
ミザール「ビガー」
ビクセン「ピンキースター」

21 :沖縄:03/09/05 20:39
ビクセン「オズマ」
http://www.mmjp.or.jp/S-OPT/vixen/z.ozuma.html

22 :名無しSUN:03/09/05 20:41
ビクセン「コスモオナニー」

23 :名無しSUN:03/09/05 21:27
太郎

24 :名無しSUN:03/09/05 21:42
アストロ光学「青雲」

25 :名無しSUN:03/09/05 21:58
スリービーチ ミニロク

26 :名無しSUN:03/09/05 22:07
ドクターキャッポー

27 :名無しSUN:03/09/05 22:56
>>25
それはカートンではなかったか?
3Bはスーパーチビテレ。

28 :名無しSUN:03/09/05 22:57
ミザールのアルコア
確か4cmF20だったと思うが…。

29 :名無しSUN:03/09/05 23:03
ミザール望遠鏡

コロナ型
ゼンゲル型
ゼニス型
エース型
アポロ型

http://www.starclick.ne.jp/backnumber/1999Sum/catalog/catalog1.html

30 :名無しSUN:03/09/05 23:35
カートン「コメットシーカー」

31 :名無しSUN:03/09/06 09:21
へール鏡


32 :名無しSUN:03/09/06 18:27
コスモキッズ (プ

33 :名無しSUN :03/09/06 20:05
ビクセン「サターン」15cm反赤。F6だったか8だったか失念

34 :名無しSUN:03/09/06 20:50
29>>当時のミード、なんだか見ザールの架台使ってた?

35 :名無しSUN:03/09/06 21:00
当時は、セレストロンがビクセンと、ミードがミザールと、テレビューが
カートンと提携してた。

36 :名無しSUN:03/09/06 22:47
>ミードがミザールと、テレビューがカートンと・・
そうだったんだ・・・

37 :名無しSUN:03/09/06 23:39
・・・で今はどうなの。

38 :名無しSUN:03/09/07 00:36
カートンといえば、コメットシーカーでしょう。
6センチでF=6位の屈赤だったが、これで彗星が探せるかどうかは置いといて、
近所のメガネ店のショウ・ウインドウに鎮座する様は
リアル消防の俺を虜にした。


39 :名無しSUN:03/09/07 00:39
>>33
F8だったかな。
>>38
友人が持っていました。短焦点屈折が少ない頃でしたね。
彗星捜索なら経緯台だろう・・・という突っ込みは置いておいて。

40 :名無しSUN:03/09/07 00:47
短小点屈折といえば、スリービーチのB5サイズ(だったと思う)の
モノクロカタログに載ってた、D=6cm、f=420mmの屈赤も目立ってた。
昔はデキはともかくかっこいい望遠鏡が多かった気がする。

41 :名無しSUN:03/09/07 01:07
>>40
そうそう、あのモノクロのカタログがいい感じでした。
エリマキトカゲの襟巻きみたいな光軸修正装置付のもあったかな。

42 :名無しSUN:03/09/07 07:51
カートン赤道儀 スーパーノバ。
コメットシーカーの実体はポタ赤だったよ。手動ガイドしたし。
良い品多いメーカーだったのにな・・・。


43 :名無しSUN:03/09/07 11:34
我が家の応接間には、カートン スペース60が鎮座しております。
機械として、美しい。

44 :名無しSUN:03/09/07 13:02
美しくない

45 :名無しSUN:03/09/07 13:02
美しくない

46 :名無しSUN:03/09/07 13:02
美しくない

47 :名無しSUN:03/09/07 13:02
美しくない

48 :名無しSUN:03/09/07 19:23
屈折望遠鏡はF15以上が美しい。
赤道儀は経緯台兼用の極軸上下軸が極軸と交差する高さにあるのが美しい。
接眼部は固定できる引き出し型二重ドロチューブが美しい。
バランスウェートは円筒形ではなくて、上下が円錐形になってるのが美しい。
色は黒と白が美しい。

ちなみに倉庫には エイコーの一眼レフ屈折経緯台 スペクトルと
ビクセンのサターン他があります。

49 :名無しSUN:03/09/07 20:08
>ちなみに倉庫には エイコーの一眼レフ屈折経緯台 スペクトルと
>ビクセンのサターン他があります。

プププ


50 :名無しSUN:03/09/07 22:27
>>エイコーの一眼レフ屈折経緯台 スペクトル
ありゃオフアキシスガイダーの現存最古種か?

51 :名無しSUN:03/09/07 22:37
サスケは美しかった

52 :48:03/09/07 23:19
>>エイコーの一眼レフ屈折経緯台 スペクトル
> ありゃオフアキシスガイダーの現存最古種か?

オフアキシスガイダーでは無く、単なる光路切替器です。
ただ、レバーがカチッと値段のわりにびっくりするほどしっかりしてます。
ボーグなんか比じゃなく、フリップメイトなみです。
気合が入ってたのでしょうな。

その後、作られたエイコー ST-5000(D=77mm Fl=1000mm 屈折赤道儀)
というのも、持っておりますが、それは4cm7倍という、
これもありそうで無いスペック、当時としては上等の
ファインダーが付いております。
 一眼レフファインダーはあきらめたものの、エイコーはファイダーを
そこそこ気にしていたのが分かります。




53 :名無しSUN:03/09/07 23:37
それって「一眼レフ」って言うのか?

54 :名無しSUN:03/09/07 23:50
言うんじゃないの?

55 :名無しSUN:03/09/08 00:58
言うと思う。

56 :名無しSUN:03/09/08 01:23
ファインダーに凝ったといえば…
カートンの反射には天頂プリズム付のファインダーが付いてましたね。
(´-`).。oO 左右逆像のファインダー…慣れるとなんとかなるのかな…

57 :名無しSUN:03/09/08 01:39
>>56
樹脂パーツを使わないコストがかかった感じのファインダーでしたが、
どうしてもなつかないのでビクセンのストレートに換えました。
脚はXYタイプのアジャストが便利なのでそのまま使っています。

58 :名無しSUN:03/09/08 11:58
サスケ

59 :名無しSUN:03/09/14 00:03
>>1
>ビクセンの最廉価4cm屈折経緯台:イカロス
シリウスじゃなかったっけ?

60 :名無しSUN:03/09/14 18:27
ミザールにカイザーって、ドロチューブにハンドルが付いていたのがあった。
ファインダーにも接眼レンズ入れて、倍率を変えられたっけ。

61 :名無しSUN:03/09/18 23:55
ここにはかなり歴史的な内容が書かれてる
http://www.mmjp.or.jp/S-OPT/vixen/tentai-13.html


62 :名無しSUN:03/09/21 17:47
ビクセン6cm経緯台 エーターカスタム。
8cmは鏡筒の途中で太さを変えていたな。

63 :名無しSUN:03/09/21 23:52
ウラヌス号

64 :名無しSUN:03/09/28 19:13
V社ハーレーマルチ→タキオンマルチ→ハーレーマルチ.
8cm反射卓上.

65 :名無しSUN:03/10/11 17:58
ゼンゲル型をヤフオクでハケン

66 :名無しSUN:03/10/20 00:16 ID:7J2urgut
テレパック

67 :天文中年42歳:03/10/28 20:47 ID:JvBVfNSL
>48
エイコーの一眼レフ屈折は、スカイレーダーである。
赤道儀がスカイレーダーE型、経緯台がA型。その後、
エイコーがミザール傘下になった時、パテントを
アストロ光学が買って、しばらくの間アストロブランドで
販売していた。名前はそのまま。一眼レフ式という
ネーミングは、ちょっと意味が違うのでは?と、当時
天文ガイドで連載されていた「天体望遠鏡をテストする」
企画記事の中で、冨田弘一郎さんも言っていた。だが、
>53
一眼レフと言っていたのですよ、当時は。だからそれで
良いのです。
旭精工のニュートン反射は、赤道儀はスカイルック、
経緯台はスカイホーク。
カートンのコメットシーカーは、一般には6センチ
F500ミリの物が知られているが、その昔には、
76ミリF910ミリで、赤道儀には当時の各社が
共用していた物(スリービーチではK型と称して
いたもの)を使っていた。

68 :名無しSUN:03/11/03 11:59 ID:HnZbAsbE
ネタ、面白いと思うのでage

69 :ガラクタマニア:03/11/03 15:47 ID:wjbkBhWB
>67 48です。よくご存知のようで。お見それしました。
 エイコーの一眼レフファインダータイプを
スカイレーダー型と呼んでいたのは知っておりますが、
私のは「スペクトル」です。
 エイコーの古いパンフ無くしてしまいましたが、
双眼鏡もなかなかでした。7×50で11度とかもあったように
思います。50mmかどうか忘れましたが、7×の13度とかもあったのでは???
古いパンフお持ちでしたら、教えてください。

カートンは断面□タイプ赤道儀の前の
スペース60デラックスもっております。
これって3Bと同じでしたか?
知りませんでした。
 ただ、手元の同時代のダウエルとエイコーの赤道儀ありますが、
ダウエルとエイコーは同じですが(といっても微妙にアレンジ違う)、
カートンのは明らかに別物で、線が細いですが、つくりが垢抜けてます。




70 :名無しSUN:03/11/03 17:00 ID:vx5kAFt7
エイコー スカイホーク 6cm f300mm。ヤフオクでみかけた。微動雲台がついてた。

71 :天文中年42歳:03/11/04 00:24 ID:4b3viAvY
>69
失礼しました。スペクトル型というのは知りません
でした。しかし、当時の望遠鏡業界は群雄割拠で凄かった
ですからね。架台の共用なんぞ当たり前でしたよ。レンズ
だって、浜松の堀口光学が一手に引き受けていたので、
大概のメーカーが同じ皿で磨かれたレンズの供給を受けてました。
赤道儀はカートンがパルコで大々的に売り出した「1本足」
シリーズの前までは、ダウエルやエイコーなどで共用されて
いたものも使ってました。細部は若干違うでしょうが、
スリービーチのK型架台も出所は同じであったと思ってました。
「1本足」スペースシリーズからはカートンオリジナルの
赤道儀じゃなかったですか?
しかし、カートンは値段が高かったですよね。

天文ガイドの「天体望遠鏡をテストする」の前後には、
「双眼鏡をテストする」という記事もありました。確かに
エイコーの双眼鏡で、やたら広視界の7×50ミリ双眼鏡が
出ていた記憶があります。GOTOの双眼鏡の評価が
かなり悪くて、それまでの五藤光学に対する信頼感が
かなり落ちてしまったことをよく覚えてます。
あの頃の天文ガイドは、ずいぶん辛口な記事を書いていた
ものだと思いますな。

72 :ガラクタマニア:03/11/04 07:18 ID:9lk6vIjl
一本足(ピラー脚)仕様はスペーススーパー60シリーズとして
後々カートンが長い間作り続けた
オリジナルの赤道儀を使っておりましたが、
三脚仕様のスペース60シリーズは別の赤道儀でした。
カートンの60mmは 筒径が60mmの細い筒がかっこよかったですが、
他の筒(普通63mm)が載らないのが不便でした。

73 :ガラクタマニア:03/11/04 07:50 ID:SLaL/xBx
言葉足らずでした。
「当時」=1972,3年?くらいの状況で、
その後、三脚タイプもオリジナル赤道儀になりましたよね。
ヤフオクでハクバブランドのカートン出てます。

74 :名無しSUN:03/11/26 22:05 ID:+otQSOcW
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b45379403
ジェミニエーター型

75 :のすたるじ:03/12/15 00:29 ID:f1vosb1L
こ、これだ。↓
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/63239664
誰か名前知りませんか?

76 :名無しSUN:03/12/15 01:14 ID:9cw0TYd3
>>75
質問して見てはどうでしょうか?<名前

77 :名無しSUN:03/12/15 10:02 ID:Hbinc9aw
>>75
エース型じゃないの?>名前

78 :名無しSUN:03/12/15 18:28 ID:jci4yAlf
ギャラクシービチグソ型 マンセー

79 :のすたるじ:03/12/15 18:37 ID:srFOY9BN
>>75
ワタシのつたない記憶では、エース型はf=1000mm でもっと
長かったような気がするのです(そしてファインダ脚が1脚式)。
写真のはそれより短く、f=800mmと思われます。

80 :名無しSUN:03/12/15 19:16 ID:Hbinc9aw
確かにエースはF=1000mm。
800mmですか?それはちょっと手元の資料にもないですねえ。
その焦点距離でヨーク型なら、たぶん後年Y-60Mって呼ばれたものと
同じものなんだろうけど、Y-60Mだと付属アイピースが違うし。

81 :名無しSUN:03/12/15 21:53 ID:LYHHY39U
アイピースでも、
アクロマートハイゲン=AHとかスペシャルラムスデン=SRとかあった。

82 :名無しSUN:03/12/16 23:00 ID:1k1+brJd
エース型↓
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g11426384

83 :ガラクタマニア:03/12/16 23:15 ID:j0zxuw3U
プリンスのよくにた型持ってる。
経緯台がよさげで1000円で買った。
同じ60mmFl=1000mmだが、ファインダーは2本足。
 ところで、ミザールのコロナ型ってどんなんだっけ?

84 :名無しSUN:03/12/16 23:38 ID:p614KBI3
68mm屈折経緯台で、経緯台はフォーク式じゃないやつ・・・だったかな。

85 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)