5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

太陽が燃え尽きたときの地球の対応

1 :名無し彗星:2001/06/14(木) 10:43
研究が始まってるって聞いたけど、実際どうするんだろ?

2 :名無しSUN:2001/06/14(木) 11:07
膨張する前に移民。

3 : :2001/06/14(木) 11:50
太陽系外移民しか無いだろうけど、
何十億年も先と言われてるし、今から研究するのは無意味だろ・・・。
まあ、まずは火星探査計画にでも集中しろや

4 :名無しSUN:2001/06/14(木) 13:46
地球をマスドライバーを使って木星軌道まで移動さ
せ日射量の調整を図るという案があります(妖星ゴラスだね、全く)
太陽の巨星期がすぎたら今度は木星に点火するという。
詳しくは、金子 隆 著「テラフォーミング」(NTT出版)を参照
してください。

5 :名無しSUN:2001/06/14(木) 18:48
多分、その前に資源が枯渇するか、戦争で人類滅亡しているような気がする。
ゴキブリ知性体に任せとけば?

6 :名無しSUN:2001/06/17(日) 07:58
それは言えてるね。(笑)

7 :心配ご無用:2001/06/23(土) 22:28
 大昔、真剣に考えたけど!! 良く考えてみると50億年後のことなんて
考えても意味が無いですね。気の遠くなる未来だろう、その時人類があるか
どうかも分からんからね。
 死んだらどうなるか考えても意味が無いのといっしょじゃない。

8 :目のつけ所が名無しさん:2001/06/23(土) 22:34
ホッカイロをため込め!

9 :目のつけ所が名無しさん:2001/06/23(土) 22:35
地球を燃やせ!バカボンの質問にはこれしかない。

10 :人類未満:2001/07/02(月) 21:58
50億年前って、俺何してたっけ、、、

11 :名無しSUN:2001/07/03(火) 12:33
もう忘れたのかよ

12 :あぽーん:01/08/29 22:21 ID:uKLeKYko
太陽に延命治療するって野はどう?

13 :てんきちさん:01/08/29 22:42 ID:L01Ft1Ds
燃え尽きるというよりも、太陽が地球の公転軌道より大きくなって
地球はゆっくりと回転しながら減速して飲み込まれて行くんじゃなかったっけ?
そのあとで超新星爆発でも起こしてくれれば俺の体の成分が新たな生命体の成分に
とでも思えて成仏できるのだが、中途半端なのが鬱。
まあ、銀河系同士で衝突したときにでも望みを託すか。
何百億年後? 何千億年後?

14 :名無しSUN:01/08/29 22:46 ID:l.5wLAcg
しかし、太陽っていうのは不思議だ。
何で燃えつづけるのか?燃える前はどうだったのか?

15 :名無しSUN:01/08/30 00:19 ID:ro3Ts0W.
太陽が赤色巨星なる過程で、あと10億年後には海水が全て蒸発する気温になるって
聞いた。
シリウスが超新星爆発するほうが早いかな?

16 :名無しSUN:01/08/30 03:04 ID:UpzI6wjw
「宇宙戦艦ヤマトV」で、
膨張した太陽を抑制したマシンは何だっけ?

17 :名無しSUN:01/08/30 13:11 ID:vUkD0OuA
>>13
50億年後には銀河系とアンドロメダは衝突するみたいですよ。

18 :東大博士 ◆Ph.D.FLs :01/08/30 13:32 ID:H1GXOqvw
>>16
ほれよ。
http://yamato.channel.or.jp/info/meca_90.html

19 :名無しSUN:01/08/30 14:08 ID:2yEkXGSo
博士、トリップを研究されましたね(w カコイイデス...

20 :心配ゴム様!:01/08/30 15:08 ID:BnlbAqwI
直径100km程度の小惑星に,何らかの推進装置を取り付けて,地球の傍を減速スイングバイさせる。
すると,地球はわずかに引っ張られて公転速度が加速し,軌道が太陽から遠ざかる。

10億年後から,何百万年もかけてこれを繰り返せば,
余裕で冥王星軌道やそれ以遠へ避難できる。

21 :名無しSUN:01/08/30 16:27 ID:qbWz/2Vw
太陽の赤色巨星化は、核融合反応のプロセスの進展で太陽中心部に
「燃えにくい」ヘリウムが集積することによって起こる。しかし中心
周縁部から表面にかけては未反応の大量の水素が存在するので
これらに核融合反応を起こさせれば良いという指摘があります。
(出典:「天空の果実」岩波現代選書)
簡単にいえば太陽を「かき混ぜる」ということで、
そのために水爆ミサイルを表層・中層に打ち込んで爆発させ、未反応の
水素に点火するという方法が提案されていました。
なかなか壮大なプランでわくわくした記憶があります。

22 :てんきちさん:01/08/30 22:59 ID:x0NhyakY
>17
マジ?
50億年後っていったらすぐじゃん!(マジで)
やったー!

23 :名無しSUN :01/08/30 23:20 ID:W/QwjkOk
何億年も先のことなら,それまでに何万℃に耐えられるように
体を鍛えようよ.そうすれば大丈夫だよ.

24 : :01/08/31 04:30 ID:9y9jRPyM
日食とかのほほーんと見てるのはつまんない。
そういう何億年か先にも人類がいるとしたら、
ある意味すごいラッキーで、アンラッキーなことかもしれん。
太陽系がおおがかりなことになる時に立ち会ってみたい。

25 :名無しSUN:01/08/31 09:39 ID:4pPRO62c
以前何かの本で、実は太陽は燃えてなく熱い天体でもないというような事読んだけどな。
あれはプラズマであり、大気圏に来て初めて科学反応で熱くなるみたいな。よって、太陽からの距離で
その惑星の温度がきまるわけではないとかね
この情報詳しい人いる?

26 :名無しSUN:01/08/31 10:59 ID:qBlBUFAY
>>25
トンデモ本情報でしょ。あすかあきおじゃない?
あの辺の人の本は真に受けないように。

27 :名無しSUN:01/08/31 11:33 ID:A3ZWXYtk
>>25
あーそれ俺も読んだ。著作は誰か忘れたけど典型的トンデモ系というよりSFです。
面白かったけど。

28 :名無しSUN:01/08/31 11:46 ID:N1t.cmaQ
>>25

アダムスキー系のトンデモにはそう主張するのが多い。

29 :名無しは無慈悲な夜の女王さまっ:01/08/31 12:30 ID:7SJ1F7Ns
>>27
それ、SFじゃなくてオカルトです。。。

30 :名無しSUN:01/08/31 13:22 ID:hAE2ZVrQ
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/3422
文系馬鹿今井弘一なんか消え失せろ!!!

31 :名無しSUN:01/09/01 07:48 ID:imOz1C6U
この板に来るなら最低限の物理学と天文学の勉強はして欲しいもんだ。
話がかみ合わないし、説明する気も起きない。

32 :名無しSUN:01/09/01 08:19 ID:APfx3DIA
日本の理科教育に問題があるんだろうねぇ、そういうバカ話を真に受ける奴がいるなんて。

33 :名無しSUN:01/09/01 10:29 ID:BTIy.jsU
>シリウスが超新星爆発するほうが早いかな?

シリウスは、超新星爆発しないと思うけど。軽すぎるから。

34 :15:01/09/01 12:32 ID:3iZVlCVg
>>33
そうだね、検索してみたら質量シリウスは太陽の約2.4倍
太陽の8倍ないと超新星爆発出来ない

35 :名無しSUN:01/11/22 23:57
太陽が燃え尽きるよりも先に銀河系とアンドロメダ銀河の
衝突・合体が起こるらしい。NHKの番組によると30億年先みたいだからね。
そのときに天変地異が起こるのではないかと。
地球や太陽に他の星が衝突したり、衝突が起きなくても
太陽系周辺に他の星が接近しただけでも、地球の軌道がおかしくなったり、
気候の大幅な変化が起こると思う。
この頃が地球の最後になるかもしれない。

36 :名無しSUN:02/01/27 07:58
>35
両方スカスカだから大丈夫ってのもどっかで読んだ気がするんだけど
だめなのかなあ?

実際巨星化が始まったら、どのくらいの時間で地球軌道まできちゃいますか?
スターウォーズに出てきた赤色巨星の星系では、何世代かごとの期間で、
外惑星に移住していってましたが…

37 :名無しSUN:02/01/27 09:43
誰も「燃え尽きる」って表現にツッコミ入れないね。
太陽は「燃えて」いるわけじゃないのに。
・・・まぁ、いいけど。

38 :名無しSUN:02/01/27 10:12
太陽の新星化よりアンドロメダ星雲との衝突より海水が地殻に全部引きずり込まれるのが先。
(約10億年後

その話を読んだとき宇宙戦艦なアレを思い出したオレってオヤジ?


39 :名無しSUN:02/01/27 19:10
>37 詩的表現と思われ。

40 :名無しSUN:02/01/27 21:04
>>38 銀河の衝突と、海水の消滅の因果関係がわからないなぁ。
説明希望〜。

41 :名無しSUN:02/01/27 21:32
別やんね〜>銀河の衝突と、海水の消滅

アンドロメダと衝突するときには、もうちっと銀河の端っこの、
スカスカなあたりに移住しといたらいいのかな?
そのころの太陽より三十億年ぐらい若めの太陽のとこに乗り換えたら、
太陽の寿命問題にも対応できるし。

42 :名無しSUN:02/01/27 21:37
シリウスが超新星爆発する質量でなくて良かった。
あの距離で超新星爆発されたら、人生の希望を失うよ。

43 :名無しSUN:02/01/27 21:44
銀河同士の衝突といっても、剛体の衝突じゃないから、
銀河系内の住人から見れば大した影響ないかもね。


44 :名無しSUN:02/01/27 23:11
うーん、でもまん中あたりの濃いトコどうしが当たったら、
デムパがいっぱい来ないの?

45 :火球的すみやかさん:02/01/28 00:54
心配しなくても人類はそんなに先まで生き残っていないよ、と言ってみる。
でも、アンドロメダと衝突するなんて初耳だなあ。

46 :名無しSUN:02/01/28 01:52
太陽が巨星化したらどうする?という問いに対し、
その前に地球は海が無くなってるとかアンドロメダと衝突するとか、
心配しなくても人類はそんなに先まで生き残っていない、と答える人は、
科学者気質。

いろいろ事細かに作戦を考えたり、現象を描写する人は、SF作家向きかな?

47 :名無しSUN:02/01/28 05:23
>>46
じゃあ、普通の人はどういう風に考えるの?

48 : :02/01/28 05:35
CG描写になれてるせいか、目に見えるように説明して欲しいんだが、
はぐらかされる感じがしちゃう。
わからないならわからないんでいいのに、その前に地球は温暖化で
どうたら、もう人類は住んでないからいいとかいわれるとね。


49 :名前なしくん:02/01/28 21:38
太陽が燃え尽きれば、太陽系を捨てるしかありません。
他の惑星系へ出るしか生きる道がないでしょう。

http://www.aa.alpha-net.ne.jp/shunshun/space/cosmos.html

50 : :02/01/28 21:59
人工太陽を作ろう

51 :38の名無しSUN:02/01/28 22:23
遅くなってスマソ。>>40,>>41
あちゃー。誤解招くよな文で申し訳ない。
・太陽が新星化する(50億年後)
・銀河系がアンドロメダ星雲と交差する(30億年後)
よりも
・プレートテクトニクスで地殻と一緒に海水が海溝の底からマントルの中へと
 引きずり込まれて地表に海水が無くなってしまう(10億年後)
って事。

アンドロメダ星雲との交差はそんなに気にしなくていいだろうが新星化のほうは
無視できないだろうから逃げ出す必要があるから>>3が書いたような手段を使って
逃げ出せる。移動に10億年木星食いつぶすのに50億年掛かるからすごい余裕がある
気がしてたんだが、海水がなくなるのに10億年しか余裕がないんじゃこりゃもう
地球捨てるしかないわな。

木星軌道辺りにダイソン殻(固い奴じゃなくスペースコロニーをびっしり埋め尽くす
本来の奴)でも作るか?

52 :名無しSUN:02/01/28 23:22
産業革命が起こったのがたったの200年前よ?
それ考えたら1,000,000,000年は十分な時間だと思うが。

53 :名無しSUN:02/01/28 23:58
公転周期が変わったりして、地球上の生物は適応できるんだろうか?
一年周期の活動をする生物とか。ある季節に子供を産むやつらとかが、
激減。場合によっちゃ個体死が先で、全滅、とか…。
あと、日光のスペクトルが違ってきたら、植物はどうなるの?

微生物から環境をやり直し、まあ人間はなんとか参加、
って可能性もあるんで、十分な時間とは言えないんじゃ…。


54 :名無しSUN:02/01/29 01:02
>>53
季節変化に関係なさげな、常夏の熱帯生物圏でどうよ。
つーか、公転周期変ってるってどこから出てきた話?


55 :名無しSUN:02/01/29 01:46
太陽が巨星化した場合、
地球をもっと遠い軌道に移動させたら、って話と思われ。

56 :54:02/01/29 02:01
>>55 なるほどそういう話か。
惑星の軌道変更なんて、どういう技術なら可能になるのか
見当もつかんが、空想(妄想)科学レベルで良いなら
リングワールド+ダイソン球に一票投じとく。

57 :名無しSUN:02/01/29 02:01
>>54
 >公転周期変ってるってどこから出てきた話?
太陽が赤色巨星段階になる頃は、太陽の質量が60%くらいになって
重力が弱くなり太陽との距離が今の170%くらいになると予測されている。
そこから来ているんでは?
地球はぎりぎりセーフみたいだよ(飲み込まれないと言う意味で)

58 :54:02/01/29 02:09
ありゃ、別の説が浮上…
60%に減るってのは、質量をエネルギーに転化したために
ってことですか。その変化が数億年かけてゆっくりおきるなら
生物も対応できる(と思う)ので問題なさげですな。

59 :名無しSUN:02/01/29 02:10
惑星の軌道変更は>>4とか>>20参照。
日照量を今と同じぐらいにするには、冥王星とか、
その倍ぐらいの軌道までいかんとあかんと言う話を聞いたのだが。


60 :名無しSUN:02/01/29 02:12
ちなみにその頃の太陽は現在の2000倍位の
明るさになると予測されているから・・・
やっぱり、どっかの惑星に移るしか無いんでは?

61 :名無しSUN:02/01/29 02:44
>>59
その辺りまでモッテいくと彗星等の小天体が激突する
確率がかなり上がるんじゃない?木星が盾になっているみたいだし。
どっちにしても水がマントルに飲み込まれるか、
ベテルギウスが超新星爆発を起こす方が早いよなぁ(´Д`;)

・・・あと、30億年後にケッコーンするのはマゼラン雲じゃなかったけ?

62 :名無しSUN:02/01/29 03:26
太陽も巨星化すると、ブニョブニョだから、
5年周期でサブ−ー−ーッ!とか暑ぅーーーーーっ!!とかなるかね。
よその太陽系にいった方がいいね。

63 :名無しSUN:02/01/29 04:54
>>58
>60%に減るってのは、質量をエネルギーに転化したために
>ってことですか。
いや、ガスを大量に放出してってことでしょう。


64 :名前なしくん:02/01/29 09:13
太陽は約64億年後に水素の核融合が終わる、その後ヘリウムの
核融合が起きる、その時体積が今の約800万倍となり。重力
の変化が起きるが、金星まで飲み込む可能性はある、地球はた
ぶん飲み込まれないでしょう。さらに約一年後、ヘリウムも燃
え尽き、やがて太陽系に冷たくて静かな眠りが訪れるでしょう。

http://www.aa.alpha-net.ne.jp/shunshun/space/MailMagazine.html

65 :名無しSUN:02/01/29 10:31
>>64 約一年?800万倍?
それって超新星爆発を起す巨星の数字では?
太陽の場合はもっと控えめな数字になると思った。

66 :名無しSUN:02/01/29 11:47
十億年ぐらいかけて徐々に膨らんで行くかと思うんだが。

一年はないやろ。赤色巨星の状態で安定してる星も満天にあるし…。
シリウスの色の変化(ギリシャ時代とかに赤と観測されてるが、現在は青)も、
二千年でも赤色巨星→矮星化には早すぎるって事で、この説は否定されてる。

67 :名無しSUN:02/01/29 11:58
雑誌NEWTONによると、地球の海はあと数億年で干上がってしまい、
太陽がうんぬんのまえに地球は死の惑星になりますが、なにか?

68 :名無しSUN:02/01/29 12:15
>>66
赤色巨星段階は10〜13億年くらい続くと予測されていますね。
ヘリウムに火がついて燃え尽きるのに、1億年だって。

69 :名前なしくん:02/01/29 12:55
間違えた(>_<)、一億年だ。
でも体積もその時の明るさも
かなり増大するものだ。

70 :名無しSUN:02/01/30 00:42
シリウスについては、NEWTONに記事が載ってたような。
たしか、一時的に活発になった白色矮星がシリウスのガスを引き込んで
疑似赤色巨星したとかいう説。
>>66
これは否定されたの?

超新星爆発といえば、30万年前に200光年ほどしか離れていないところで
起こったとか聞いたことがある。
最大光度は-15等級にも達したとか。
この爆発が30光年以内で起きたら、地球の大気が衝撃波で吹っ飛ばされるとも
書いてあった。
直接星間風に晒されることが原因なのかな。

71 :66:02/01/30 00:57
>70
ええと、そういう説の方が正しいとされてます。
もともと白色矮星で、一時的に反応が暴走した説。

72 :名無しSUN:02/04/18 02:38
とりあえず、自家発電だな。うん。

73 :名無しSUN:02/04/21 23:54
いいこと言うじゃなーか(w

74 :名無しSUN:02/07/11 11:37
他にも生命が存在する星はあるのだろうか?

75 :名無しSUN:02/07/11 20:43
もしもし?

76 :名無しSUN:02/07/11 20:51
そこらへんにあるんじゃないの?
僕は無いとは思えないけど。
どうせなら、SETI@homeに参加したら?

77 :名無しSUN:02/07/11 21:57
ていうか、数十億年後に人類が存在するとしても、今とは姿かたちが
全然変わってる気がする。下手すりゃ肉体そのものが無くなってるのでは?

老化したり病気になったりする生身の体なんてとっくに卒業して
完全サイボーグ化してそう。


78 :名無しSUN:02/07/17 14:23
>>35
今から30億年後、銀河系とアンドロメダが衝突するらしいが、
2つの銀河が衝突しても、星と星の衝突はあまり起こらないらしい。
しかし、次のようなことが頻繁に起こるだろう。

太陽系に他の恒星が接近した場合、彗星の巣であるカイパーベルトが
恒星の重力によってかき乱され、大量の彗星が地球を初めとする
太陽系の惑星に降り注ぐだろう。(NHKで放送してましたね)

2つの銀河が衝突することにより、スターバースト現象が起こる。
大質量星の大量発生→超新星爆発の大量発生。
これに地球が巻き込まれる。

79 :名無しSUN:02/10/25 22:00
sage

80 :名無しSUN:02/11/11 03:09
まだ数十億年あるから大丈夫。

81 :シドメイヤー:03/01/08 16:10
太陽系を捨ててアルファ・ケンタウリへ行けばいい。
あそこなら人が住める惑星がある。
http://www.3web.ne.jp/~asterope/alpha.html

82 :山崎渉:03/01/11 15:35
(^^)

83 :名無しSUN:03/01/15 17:13
糞スレお年。              
                      

84 :名無しSUN :03/02/01 11:19
落ちる前にage

85 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

86 :名無しSUN:03/02/01 13:43
種としての人類は50億年も持たないだろう。無用な心配だよ。

87 :名無しSUN:03/02/02 17:36
典型的な哺乳類の種の寿命は数十万〜数百万年。
今のペースで地球環境を破壊していけば、人類はあと数百年で終わり。
プレートテクニクスで海水がすべてマントルに引きずり込まれて地上に
水が無くなるとき、それが地球上の生命の終わりです。数億年後?
それまでにも気象激変や小惑星衝突で終わる可能性あり。
50億年後なんて全然心配する必要なし。

88 :山崎渉:03/03/13 13:56
(^^)

89 :山崎渉:03/04/17 09:39
(^^)

90 :山崎渉:03/04/20 04:18
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

91 :山崎渉:03/05/21 22:47
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

92 :山崎渉:03/05/21 23:14
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

93 :山崎渉:03/05/28 15:11
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

94 :山崎 渉:03/07/15 13:02

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

95 :名無しSUN:03/07/22 23:01
>>88-94

               ↓山崎渉
\煮るぽ(^^)/  ∫ ∫ ∫  ∫  熱いよ、熱いよ、
   ̄ ̄∨ ̄ ̄     。 ∧_∧    。     ウワァァァン!!
 (⌒⌒⌒)      ,゚。ヽ(#`Д´)/)γ゚。・
  |____|     .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 ( ・∀・)     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; | グツグツ
 (    )     \______/
 │ │ │      ‖ヾ;从;从;;从ノ‖ボーボー
 (__)_)      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

96 :名無しSUN:03/07/23 18:12
ニュートリノ関連の本で読んだけど、
太陽の熱は輻射によって中心核から100年ぐらいかかって
表面に到達して放射されるそうな。
つまり今の地球が浴びている熱は100年前の核融合によるもの。
ところが、核融合により発生するニュートリノは
光速で地球まで到達するので、ニュートリノを観測することで、
100年後の太陽から受ける熱を算出できるらしい。
で、その本によると、現在観測されている核融合は、
太陽放射から想定されるレベルよりかなり低いらしく、
100年後の太陽放射はかなり低下するらしい。

あれ・・・ニュートリノだったかなぁ〜?
他の放射線もしくは宇宙線かもしれません。良く覚えてないや。
どなたか似たような話、読んだことありません?

97 :名無しSUN:03/07/23 18:13
そんなことを考えていたら夜も眠れない・・・。


98 :名無しSUN:03/07/23 18:22
太陽ニュートリノが理論的予想より少ないという話は40年位前から言われているはず。
もしそのころから、太陽中心での熱発生量が減っていたなら今頃影響は出ていそうな気がする。

太陽中心からの光が外へ出るのに時間がかかるっていう話は、単純に平均自由行程から出した
ものだろうし、圧力平衡が崩れたなら話が変わってくるハズなので。

99 :名無しSUN:03/07/23 18:32
98>>サンクスです。
40年前から太陽ニュートリノの観測手段があったのですか。
確かにあんまり騒がれてないところを見ると、
理論的予想より少ない理由は核融合の強弱の他にもあるのでしょうね。

100 :名無しSUN:03/07/23 18:32
>>96
100年じゃなくて100万年だと思う


101 :名無しSUN:03/07/23 18:48
>>99
>40年前から太陽ニュートリノの観測手段があったのですか。
小柴さんと共同受賞のDavisさんの仕事ですね。
そのときから太陽ニュートリノが理論的予想より少ないという結果は出ていて
太陽モデルが間違っているとか、100(万)年前の太陽の活動レベルが
今より小さかったのだとか、いろいろ説はあったけど、現在では
ニュートリノ振動のせいである、という方向で決着しつつあります。


102 :名無しSUN:03/07/23 18:50
このスレは、50 億年後くらいといわれる、太陽が水素核融合でその形を
保っていられなくなったときの話、だと思っていました。皆様ぜんぜん
違う話をなさっているので、びっくりしました。
太陽ニュートリノの不足は、質量のあるニュートリノと、ニュートリノ
振動で、決着はついたのでは? (否、とおっしゃるなら教えてください)

103 :名無しSUN:03/07/23 20:07
質量があるとか振動だとか、難しすぎてよくわからんが、
決着がついたなんて話は知らない。
観測として興味深いデータが出てきたという段階であって、理論屋の多数が
支持するような解釈はまだなんじゃないのかな

104 :名無しSUN:03/07/31 03:50
>>103
ニュートリノ振動は、実証試験を経て証明されていますが…

それまでニュートリノの質量も不明だったのに比べると、推定質量と波長、
波動関数状態と粒子状態への自己相互作用の強度が測定されたのは偉い違い
なんですが。

ニュートリノの正確な質量=エネルギーを明らかにすると、今度はニュー
トリノの位置が特定できないので、標準モデルより上位の理論が必要になります。
(統一論では不足で、大統一論でないとニュートリノの静止質量が確定しない)

105 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 03:06
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

106 :山崎 渉:03/08/15 19:12
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

107 :名無しSUN:03/08/16 01:49

功雄版タロット

┏━━━━━━━┓
┃ ]XTTTT ┃
┃───────┃
┃コ   \ │サン .┃
┃ウ   / ̄\サン┃
┃ラ ─( ゚ ∀ ゚ )  ┃
┃ボ   \_/  ┃
┃シ   / │ \ ┃
┃ v    v.ザザァ┃
┃≡〔´∀`〕≡    ┃
┃~~~~~~~~~~~~~~~~.┃
┃───────┃
┃19   太陽   .┃
┃     THE  .  ┃
┃     SUN    ┃
┗━━━━━━━┛      

108 :名無しSUN:03/08/16 08:54
数十億年後まで人類が種として存続する事自体が
進化学に対する冒涜。

109 :名無しSUN:03/10/23 01:04 ID:tNqXskTL
ただいまCS321chにて宇宙特集やってまつ。
10/23 01:00, 05:00, 09:00, 13:00

見れる人は一緒にどうですか
ディスカバリーチャンネル実況スレ
http://live5.2ch.net/test/read.cgi/weekly/1066835030/l50

110 :名無しSUN:03/10/23 18:10 ID:e7+Vyk4E
太陽は50億年後あたりから巨星への道を歩み始める。
60億年後には太陽の直径が3億kmになって地球が飲み込まれてしまうというのが今までの考えだった。
だが、最近の研究により恒星は巨星化すると双曲分子流でガスを放出して軽くなる事がわかってるのでそれにより重力が減り、地球は太陽から離れる事ができる。
質量の減少は56億7000万年後から始まり、60億年後の太陽中心-地球の距離は2億4000万kmにもなるから飲み込まれることは無い。

ただし飲み込まれないといっても全ての生命は生き残れず、海水は沸騰し大気は宇宙空間に消え去って1600度の高熱でことごとく焼き尽くされてしまう。
65億年後、巨星は惑星状星雲としてガスを放出し、跡に白色矮星を残す。火の玉となった地球もゆっくりとしかも確実に冷めていき、70億年後には表面温度-250度の冥王星のようになってしまうと考えられる。
水星や金星と比べると地球や外惑星の寿命はべらぼうに長く、宇宙が収縮するか銀河がブラックホールにならない限り消滅しないでしょう。

つまり太陽が赤色巨星となってしまう頃も地球の一生からすればまだまだ赤ん坊と言えます。

111 :名無しSUN:03/10/25 00:09 ID:0jWKMPAT
>>110
原始星の形成段階の双極分子流の話はよく聞くけど、巨星化のときも出るんだっけ?
双極分子流(の名残り)を伴った巨星っておいらは知らないけど、例えば?



112 :名無しSUN:03/10/25 00:17 ID:0EXsFaAr
>111
エータ・カリーナがその典型。

113 :名無しSUN:03/10/25 00:22 ID:0jWKMPAT
>>112
あれは銀河系で一番重いってくらい極端に重い星だからなぁ。
あれと同じことが太陽に起こるかというと...



114 :名無しSUN:03/10/25 10:29 ID:0EXsFaAr
>>113
あいつの場合は他より多く出すぎてるだけ。
別にどの巨星からも出てまっせ。ただ普通は量が少なく薄いから見えない。
ちなみにその成分は水素やヘリウムのほかに炭素、珪素も多いと思われる。
惑星状星雲も双曲分子流の成れの果てだと思われるが、きっと一度に大量に出しすぎた結果だろう。
亜鈴星雲とかは一応双曲分子流の名残だ。
 要するに恒星の肉が全て双曲分子流で出てしまったというわけ。

115 :名無しSUN:03/10/25 10:49 ID:eoC74bBj
 >110

 これは、56億7000万年後・・・恐るべき偶然の一致!!

弥勒仏は56億7000万年後に降誕するという。それまでは菩薩として衆生済度を続けるのである。

仏教の世界では、末法の時代に下生して衆生を救うと言われる伝説の救世主「弥勒菩薩」がおられ、
ユダヤ教・キリスト教では、新約聖書にイエス・キリストの再臨を予言する文章があります。
 日本においても、仏教の影響を受け、古来より弥勒信仰は存在し、
その時代の人々にとっての生存環境が過酷なものであればあるほど深く浸透しったと想像出来ます。
また古代オリエントでは、セム族に伝わる太陽神ミトラは、後にインドでマイトレ−ヤと呼ばれ、イランではミスラと呼ばれるようになった。
 ミトラとは友情、契約を意味している。仏教における釈迦の教えとして、彼の滅後、56億7000万年の後に、弥勒がこの世に下生すると言う予言をしている。


http://deva.aleph.to/essay/003.html

http://forum.nifty.com/fbud/maytreya.htm

http://www.osk.3web.ne.jp/~asterope/god3.html

116 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

117 :名無しSUN:03/10/27 18:41 ID:oRHnERKe
>>115
マジでした。きっと弥勒菩薩が太陽の双曲分子流を引き出し、質量を減少させて公転軌道を外側に移動して地球を救ってくれるのでしょう。
地球は助かっても生命体は助からない罠

118 :名無しSUN:03/10/27 20:43 ID:bgX155h+
熱い!ヤバイ!間違いナーイ!


119 :名無しSUN:03/10/27 20:45 ID:6E3IqFnz
突然だけど
オーロラの彼方でって言う映画みたいに、磁気異常で未来のもしくは過去の自分と交信できんかしら。
映画の舞台も、10月20日前後で今の状況とかぶる。だれか、見た感想キボン。

120 :名無しSUN:03/10/28 04:26 ID:ToGgIawy
【宇宙】太陽に巨大黒点2個出現…地球直径の10倍の大きさ
・太陽の表面に巨大な黒点が2個出現している。条件が良ければ肉眼でも
 黒点観測が楽しめるほどの大きさだが、国立天文台は27日、「太陽を
 直接見ると目を痛めるので危険。必ず減光フィルターなどを通してほしい」
 と注意を呼び掛けた。
 同天文台によると、黒点はそれぞれ地球の直径の約10倍もの大きさ。
 太陽の自転により約2週間前に赤道付近に黒点が一つ現れ、その後、
 23日にもう一つが現れた。
 黒点は周囲より温度が低い部分で、太陽活動が活発な時期に多数出現する。
 強い磁場を持っており、周囲でフレアと呼ばれる爆発を起こすと、地球にも
 電波障害などの影響を及ぼす。
 しかし現在の太陽は活動が極小期に向かう静穏な時期で、この時期に巨大な
 黒点が二つも現れるのは珍しいという。
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1067250652/l50
【2003年10月27日 アストロアーツ【投稿画像集】肉眼黒点が出現中
http://www.astroarts.co.jp/news/2003/10/27sunspot/index-j.shtml
最新の太陽
http://150.144.30.101/data/realtime/

121 :名無しSUN:03/10/28 21:03 ID:bYnHaXxZ
極小期に向かう時こんな黒点が出るのはどう考えてもおかしい。
きっとフォトンベルトの影響だ。

122 :名無SUN:03/10/28 22:57 ID:Udni0S4Z
56億年後、太陽が赤色巨星化したとき、人類あるいは高度に発達した
知的生物が地球上に存在していれば、その一部は木星のガリレオ衛星や
土星のタイタンに避難して、あと何億年かは生き続けると思う。
しょせんは延命治療で、最後はカチカチに凍り付いておしまいだが。

123 :名無しSUN:03/11/02 01:03 ID:mljmhtwk
核融合をコントロールする技術さえ持っていれば
いくらでも生きられるだろ。

124 :名無しSUN:03/11/05 02:28 ID:AGLyp3qo
宗教のスレなの?

125 :名無しSUN:03/11/09 11:16 ID:MXrw5OVK
十億年以上も建てばもし人類が存続していたとしてもよくわからんキモイ生き物に
進化(退化)しているだろう。
むしろ滅べ

126 :名無しSUN:03/11/16 16:46 ID:To2Ck3PA
>>122
死刑囚は置き去り

127 :薔薇:03/11/16 22:12 ID:gJuxZPpF
地球自体があぼーんになるんじゃないかな?

128 :名無しSUN:03/11/17 00:43 ID:o2gL2YGK
これまでの科学の進歩の度合いを調べて
カンガミルニ、どう考えても、あと2000年もすれば、太陽系他惑星に進出、
ワープ航法が開発されて、他銀河系の地球型惑星へ
向かってると思う。
心配要らないよ。


129 :名無しSUN:03/12/25 21:39 ID:4aNeb0dX
ジェネレーションシップで脱出

130 :名無しSUN:03/12/26 19:12 ID:GcQWA2wA
科学が無限に進化し続けるという考えも
宗教に近いと思うが。所詮、この世には
できることとできないことがある。
しかも、科学の進歩はもう打ち止めに近い
ような気がする。実は漏れらが生存してい
るこの現在が人類の絶頂期なのかもしれな
い。

太陽が燃え尽きる前に石油が尽きて、生き
残っている人類がいたとしても、最早原始
人だけになっていると思われ。太陽が燃え
尽きつつあることも知らず、幸せに人類は
滅んでいくだろう


131 :名無しSUN:03/12/26 21:00 ID:ckTKY2EL
謝罪と賠償を要求する

132 :名無しSUN:03/12/29 13:00 ID:ur60FlvG
エウロパをテラフォーミングして移住は出来ないかな

133 :名無しSUN:04/01/02 00:07 ID:QBays8zK
とりあえず、[10億年後、海水がマントルの中へと引き込まれ海水消失]はダウト。
最も軽いから外殻部に有ったものが、今さら沈むってのは訳分からん。

134 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)